FC2ブログ
哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2019/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
先日矢の川峠明治道を自転車で完全走破した方(Oさん)がお店にやってきました

2010年にも一度挑戦したのですが、明治道部分で時間を取られ矢の川峠より熊野側はあきらめて帰られました。
今回は状況も分かったので早朝からトライして、明治道の大橋ー小坪間から昭和道と明治道との共用部分のループトンネル、峠を経て大又までを完全走破したようです。

meiji01.jpg

meiji02.jpg

藪を越え、鹿よけのフェンスを越え、崩落跡をへつり・・・

meiji03.jpg

meiji04.jpg

所々に矢ノ川索道の電線を支えていたと思われるガイシが落ちている

OさんのHPにアップされていますのでご覧ください。

前半レポート  
後半レポート  

これは世界初の矢の川峠明治道の自転車での完走者だと思います。
このブログで初完走者の認定をいたします。
おめでとうございます! 

次はバイクですかね?  って うそうそ それはやめて下さい。
遭難したら私が責任取らされます。 (笑)

※ 使用した写真はOさんから許可を頂きHPよりコピーさせていただきました。
昨年の震災直前に行った「坂下隧道ツアー」が今年も行われます。

昨年は新聞社5社に掲載され、ケーブルテレビとCBCテレビの放映もあり大きな反響を呼びました。
前回参加できなかった方や新たに参加したい方が多い為、今年も開催することになりました。
しかしながら定員20名で正式募集をかける前にあっという間に定員に達していまいました。
そういうことで申し訳ありませんが募集は行わないことになりました。
「紀伊半島みる観る探検隊」も今回で節目の30回目。
私は過去2回の「哀愁の矢の川峠ツアー」と昨年と今回の「坂下隧道ツアー」の計4回をガイドさせていただきました
メディアに載せる予定でした募集要項を下記に示します。




2012年5月13日(日) 第30回 紀伊半島みる観る探検隊「尾鷲の産業遺産・2つの坂下隧道」のツア-を行います。。
三重県尾鷲市に知る人ぞ知る貴重な産業遺産がある!!

20110204-1)0001.jpg


明治33年に開通した旧坂下隧道は、奈良県上北山村で伐採された天然木を、尾鷲市又口を経て尾鷲港へ運搬するために、当時の林業家有志が中心になって造られた旧車道のトンネルです。
車道と言っても大八車や牛馬車の時代、トンネルは手掘り、道路維持のためにトンネル口で通行料金を取りました。坂下隧道は大変珍しい明治時代の有料トンネルです。

国道425号線沿いにある現在の坂下隧道も明治44年開通と古く、どちらのトンネルも文化財・産業遺産として大変貴重なものです。近年、地元有志により崩れていた旧坂下道路が整備されて歩行出来るようになりました。
尾鷲の産業発展を担った新旧の坂下隧道を、あなたの目で観て、歩いてみませんか。

【行程】  ※歩行距離 約4km
県尾鷲庁舎前バス停 ~(車移動)~ 坂下道路入り口・・・(徒歩)・・・旧坂下隧道・・・(徒歩)・・・海防艦・駒橋の慰霊碑・・・(徒歩)・・・坂下隧道・・・(徒歩)・・・坂下道路入り口 ~(車移動)~ 県尾鷲庁舎前バス停

日時
平成24年5月13日(日) 午後
 ※荒天時は5月27日(日)に延期
集合場所
県尾鷲庁舎前バス停横(三重県尾鷲市坂場西町・R42沿い)
案内人
福田晃久さん、鈴木邦彦さん
募集人数
20名(最少催行人数5名)
参加費
1,500円(保険代、通信費など諸経費)
持ち物
飲み物、雨具、常備薬など
お申込方法
住所、氏名、電話番号、生年月日をお知らせの上で、
お申込みフォーム または お電話にてお申込み下さい。
くまの体験企画 内山裕紀子 (電話)090-7865-0771
お申込締切

【主催】 くまの体験企画 内山裕紀子
【後援】 尾鷲市

20110204-sakage1.jpg

廃道の坂下道路は路面崩壊によって通行不可でしたが、近年、地元有志によって修繕が行われました

20110204-0001.jpg

現在の坂下隧道も明治44年と古く、産業遺産としての価値が十分にある。みんなで歩けば怖くない!
いつもお世話になっているウッチーのツアー「紀伊半島みる観る探検隊」が行われます。
前回の三木崎灯台に続いて今回はその近くの三木浦の集落が舞台です。
以下は応募要項をそのまま載せます。
参加希望者は直接熊野体験企画までお申し込み下さい。




「2012年3月25日(日) 第28回 紀伊半島みる観る探検隊「三木浦の歴史を訪ねる旅」参加者募集中!
第28回 紀伊半島みる観る探検隊「三木浦の歴史を訪ねる旅」参加者募集中!

三重県尾鷲市三木浦町は、戦国時代に4度も戦場になりました。

三木城を治めていた三鬼新八郎が新宮の堀内氏に2度攻められて滅ぼされ、さらに長島の加藤氏と奥村氏が攻めこみ三木城を入手し、怒った堀内氏が大軍を率いて三木城へ攻めのぼりました。4回も城の奪取が行われたことは、三木浦が軍事・海上交通・漁業において重要な港だったことを意味しています。
現在も三木浦は遠洋漁業や鯛の養殖、水産加工業などが盛んな港町です。

三木城跡や五輪塔などの戦国時代の史跡、海上安全を祈る三木神社、近年地元有志によって修復された浅間神社と波切不動など、三木浦の歴史に触れてみませんか。

フィールドワークのお好きな方に合った内容です。
元盛松の集落跡へ行かれた方には、元盛松と現在の盛松をつなぐものが見つかるかも?

【行程】
三木浦マリンパーク・・・西行歌碑・・・魚市場・・・魚魂塔・・・龍泉寺・・・五輪塔・・・三木城跡・・・稲荷神社・・・三木小学校・・・浅間神社・波切不動・・・猪垣・・・盛松・海蔵寺・・・三木神社・・・臨港道路・・・三木浦マリンパーク


日時
平成24年3月25日(日) 13:30集合 16:45解散 (雨天は4月15日に延期)
集合場所
三木浦マリンパーク駐車場
案内人 :   奥村重昭さん (元・三木浦区長)
募集人数 :  20名 (最少催行人数5名)
参加費  :  1,500円 (保険代、通信費など諸経費)
持ち物
雨具、帽子、常備薬など
申込締切 :  平成24年3月22日(木) ※先着順
申込み方法
  住所、氏名、年齢、電話番号をお知らせの上で、お申込みフォーム または 
  お電話(090-7865-0771)にてお申込みください。


お申込み後に詳しい案内状をお送りします。
公共交通機関は「尾鷲市ふれあいバス八鬼山線」に対応しています。
土道とアスファルト道を約3km歩きます(難易度:★☆☆☆☆) 歩きやすい服装と靴でお越しください。
必ず自己責任でご参加ください。事故怪我などはエコツアー保険の範囲内で対処することに同意の上でお申し込みください。

【主催】
くまの体験企画 http://kumanokodo.info
〒519-3612 三重県尾鷲市林町9-28 電話:090-7865-0771 FAX:0597-22-0471

【協力】
三木浦区


パンフレットダウンロード

鏑木毅選手と行く!熊野古道伊勢路、トレイルランニングの旅【地元枠:定員10名】

118.jpg


大変お待たせいたしました! やっと熊野古道伊勢路のトレイルランニングの詳細が決まりました。
今回も色々とありまして、参加募集をかけるのが一ヶ月ほど遅くなってしまいました。

さて、今回も地元枠を設けることができましたのでお知らせいたします。
今回はスタートから他の参加者と一緒にバス移動もご一緒できます。
バス費用、保険代、1日目夜のレセプションでの食事代(バイキング)、翌日朝食、昼の弁当、2回分の温浴券、以上のツアー料金がなんと!! 8,000円です。
但し両日の集合場所へのアクセスが各自お願いします。
また宿泊代は含まれておりませんのでご注意ください。

詳しくは、「くまどこ 新着情報」に掲載されておりますのでご覧くださいませ。

そちらからルート図と地元枠の詳細及び申込用紙がダウンロード、プリントできます。
お申し込みはFAXかメールでお願いします。
メールでの申し込みは、ワードで作成されている申込用紙に直接記入されてメールに添付して申し込んで下さい。

以上 問い合わせは、福田までおねがいします。
 
携帯 080-3648-5499
mail yado@woodpeck.jp
2012年2月26日(日)、3月4日(日)と、尾鷲の三木崎を周遊するツアーが行われます。

何時も参加したりスタッフをやらさせて頂いている「紀伊半島みるみる探検隊」です。
今回は見ごろになっているヤブツバキトンネルをくぐって、難所熊野灘の海を陸から見守る三木崎灯台を見学します。
普段は入れない灯台内部まで、海上保安庁さんの協力で見学させていただきます。

三木埼灯台 (Medium)
白亜の三木埼灯台は、第2次世界大戦中から熊野灘を行き交う船を見守ってきました。


009-三木埼灯台
上空から見た三木崎灯台

残念ながら26日(日)の募集は、すでに定員に達した為締め切られました。
現在3月4日(日)の募集を行っております。

周遊道入り口まで各自車で移動の予定ですが、列車で来られる方も九鬼駅よりスタッフ車に同乗できます。

パンフレットは下記サイトよりダウンロードできます。

☆ 2012年2月26日(日)
☆ 2012年3月4日(日)

26日は私「やのこ小僧」もスッタッフ参加する予定です。

【詳細お問い合わせは】
くまの体験企画 http://kumanokodo.info
〒519-3612 三重県尾鷲市林町9-28 
代表 内山裕紀子
電話:090-7865-0771 FAX:0597-22-0471