哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「想い出の矢ノ川峠」が7月1日に発刊します。
現在予約受付中です!!

価格は何と! ガンバって値下げしました!

前回の告知では1,500円でしたが、1,300円となりました。
これで1冊送料200円込みで、1,500円となります。

ご希望の方はメール、もしくは電話でお問い合わせください。
送付先の郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望数をお伝えください。

mail : tud5thma@ztv.ne.jp
電話 080-3648-5499 福田 晃久

x0001.jpg

送料は1冊あたり200円となります。(2冊なら400円です)



A4版 110ページ程度、使用した写真店数 約130枚

「想い出の矢ノ川峠」の主な内容
 

◇ 矢ノ川峠に魅せられた男たち
◇ はじめての矢ノ川峠越え
◇ 明治道を歩く
◇ 傅唐越え
◇ 省営バスを支えた男の物語
◇ 峠の茶屋物語
◇ 矢ノ川峠を越える吉川英治
◇ 女性車掌奮戦記
◇ 撮影現場の想い出
◇ 矢ノ川道を支えた女性道路工夫
◇ 省営バス
◇ 矢ノ川峠と母の人生
◇ 真夜中の「矢ノ川峠」越え
◇ 紀勢本線全通前の旅路
◇ 愛惜を残して省営バスは行く
◇ 乗合自動車体験記
◇ 紙面が語る矢ノ川峠


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/94-2cb6a8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。