哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デンガラ越えも2回目となるともうベテラン気分でルンルン・・
今回は始めてのノッティさんとわんたろうさんとで3人でのデンガラです。

デンガラ越えの動画1 (尾鷲側)

まずは気持ちのいい矢の川大滝(仮名)を見て、わんたろうはその右横の崖っぷちを登っていく。
P6070003.jpg

P6070007.jpg

私ら2人は前のルート滝手前の右の沢をを安全登攀です。
昭和道に上がると少し離れた所からわんたろうの声。 藪の中から無事登ってきました。

第3トンネルをぬけるとすぐにデンガラ大橋です。
少し休んで橋の上流の二股を右の沢に入る。
今回は記録ををしっかり取っていく。

しばらくするとこの沢最古の第一堰堤が見えてくる。
周囲には堰堤の建設時に建てたのではないかと思われる作業小屋の跡らしい石積みが残っている。
この堰堤だけはすべて石積みで作られている。
建設年度を特定できるようなプレートが無いので何時頃のものか分かりませんが、
おそらく昭和道ができて間もないころではないかと思われます。(昭和11年以降、昭和20年代前半?)
その後第2~第5堰堤までは昭和39年の建設だとプレートによって確認できます。
DSCF5002.jpg

DSCF5001.jpg

デンガラ大橋の建設は昭和道開鑿の昭和10年より随分新しく、昭和37年7月となっています。
おそらく昭和37年に豪雨があり旧デンガラ橋は流され新デンガラ橋が誕生したのでしょう。
その後治水の為、4つの堰堤が建設されたのではないのでしょうか。
P6070012.jpg

第5堰堤を越えてからすぐに左の斜面を登っていく。
この辺から左へ左へと沢とはいえないようなだだっ広いガレ場の斜面をひたすら登る。
意外と浮石が少ないので歩きやすいルートをどんどん登る。
P6070011.jpg

P6070019.jpg

やがて尾根筋が見えてくる。
前回は峠の石垣の少し横に上がってきましたが、今回は少しルートを右にとりすぎて50mほど峠より西の高峰山登山道に出てしまいました。
最後の詰めの部分は次回下りながらマーカーをしてわかりやすくしようと思います。
峠は快晴で今日は訪問者なく、私たち3人で貸し切りです。

食事をとり前回うっちーさんが見つけた峠手前下った所の古道らしき道と畑跡を探索しようと思いましたが、いまいち馬力がなく大又側に下山することにしました。
今度バイクで来て調べてみます。

つづく・・・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました。
楽しいツアーをありがとうございました。久々に歯ごたえのある登山でした。
YouTubeにリンクしてくれたのですね。第2部もアップしてますので、見てください。
今週末は何か企画無いんですか?わくわく。
2009/06/19(金) 22:29:46 | URL | わんたろう #rEYhRaLU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/90-8442b421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。