哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22日、天気にも恵まれてデンガラ越えを無事踏破してきました。

矢の川トンネルのダクト装置の横に車を止め、スタート。
矢の川本流に下りて沢歩き・・
少し行くと幻の瀧、やのこ大滝【仮称】が見えてくる。
この滝は地図で予想yしていた位置とピッタシ同じところにありました。
DSCF4987.jpg


そこから滝を捲くため右斜面の小さい沢を直登。
すぐに昭和道の第2トンネルと第3トンネルの間に出る。
第3トンネルを過ぎすぐデンガラ大橋にたどり着く。
ここで橋左側から上流に向かって遡行を始める。
すぐに右の沢に入りひたすら登る・・登る・・
ず~と上に、こんなところまで・・と思うところに堰堤が作られている。
堰堤は確か6つあったように記憶しているが,しっかりカウントしなかった為、定かではない。
DSCF5002.jpg
堰堤についているプレートには昭和39年の文字が刻まれている。
DSCF5001.jpg

最後の堰堤を乗り越えてから左へルートをとり,ガレ場を登っていくとやがて峠の石垣が見えてくる。
いきなり峠の広場に到着したので、いつもと違い「あ~ここまで登ってきたのだな~」と言う実感がわく。下には朝出発したトンネルの入り口が見える。

すごしお疲れの様子・・・
DSCF5013.jpg

峠でしばし食事休憩。
Sさんがさっき取ったマムシで遊んでいる。
DSCF5012.jpg


これから熊野側への道のりは沢沿いに下る私とKさん、そして作業道を下るSさんたちとの2グループに分かれる。
この沢を江戸時代、本宮への参詣者や、飛脚などさまざまな人々が下りそして上ってきたのかと思うと、ただの暗い沢も歴史ある道に見えてくる。
DSCF5014.jpg
DSCF5017.jpg

沢も大又川本流に合流する少し前、遥か上の昭和道から転落した、トラックの残骸が散乱している。
まずタイヤが付いたままのデフが見えてきて、その後シャーシや荷台の一部などがところどころに半分埋もれて当時の事故のすさまじさを物語る。
最後にエンジンが単体で横になり埋もれている。
このトラックを運転していた二人の方は、ある年の大晦日の夜に悲劇にあったのだそうです。

ここでさっき分かれたメンバーらと合流。
やっぱこういう時にトランシーバーは役に立つ。
さて大又川本流に出てからは、立派な林道があるため今回はその道を使って
昭和道合流地点まで向かう。
そこに朝持ってきているわたしのワゴンがあるので、そこからは尾鷲側
トンネル入り口までの約8kmを約8分で戻る。
今回写真など取りながら、また休憩をたっぷり取り入れたためデンガラ越えに
7時間近くもかかりました。
それが今の道で車を使うと多々8分なのです。
みんな無事に帰れてよかった、お疲れさんです。
次回はしっかりと記録をとりながら、歩いてみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/81-7ac401d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。