哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑かった今年の夏も、気が付けば終わろうとしております。
ず~とこのブログをサボってましたが、本業と副業が忙しくて書き込みもできませんでした。

さてシーズンオフも終わり、矢の川峠の季節がやってきました。

今年はぜひきれいな紅葉をアップしたいと思います。

明治道の再探索、江戸道の探求、熊野側の切り通しの詳細など、頑張ってアップしていきますのでお楽しみに!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして、名前の通り紀南の林道を、オフロードバイクで走ってます。
で、昨日矢の川峠周辺を散策しました。まず熊野側から入り土砂崩れの所まで行って戻り、尾鷲側入って峠までそれから、三木里に抜ける道を行ったのですが、大きな岩で通れず、かなり荒れた道でバイクを乗り捨て歩いて帰る寸前で、何とか脱出無事家に帰りつきました。 ふ~

矢の川峠の歴史を、ネットで調べていたら、当ブログにたどり着きました。

私も、紀南林道ホイホイ倶楽部と言う、ホームページを掲載してます。
よろしかったら、見てください。
DEWA・・・

2008/10/04(土) 13:29:26 | URL | 紀南林道ホイホイ倶楽部 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/56-4db66748
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。