哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年3月、熊野市民会館にて矢の川峠シンポジウムが開催されることに決定いたしました。
詳細が分かりしだいこのブログにアップしますが、私もスタッフとして参加します。
また矢の川峠ファンに会えるかもしれないと今からわくわくしてます・・

さて昨年12月熊野の「道」上映より、早くも1年が過ぎ気が付けば今年も今日までとなりました。 つまり本日夜は大晦日。
いつも仕事が終わるとそのまま寝ずに日の出を見に行くのですが、明日の日の出は天気が怪しいので思い切って元旦から矢の川峠でおはようさん!企画に切り替えようかと思ってます。
急な話ですが、もしお暇な方で元旦朝から悪路を走って、極寒峠で朝を迎えたい方ご一緒しましょう。
と言ってもおそらく来る物好きな方、いないと思いますが・・
ま~静かな一人の峠もいいでしょう。

それでも、もし、万が一、賛同してこられた変人の方にはあったかーいコーヒーをご馳走します。

それでは皆様方 よいお正月をお過ごしくださいませ。

ちなみに私まっさんは1日も昼から仕事で9日まで休みなしで働きます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/41-125d677b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。