哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日バイクで矢の川峠にふらっと行ってきました。
以前トレッキング前の下見で見つけていた、㌔ポストを写真に収めてきましたので公開します。

この㌔ポスト、鉄道マニアの方はぴんと来たと思いますが、列車に乗って線路脇をよく見ているといろんな標識に混じって、xxkmと書いた四角いポールを見かけることがあります。
これが㌔ポストです。

やはり鉄道省の営業バスだけあって紀南線の路線沿線にも㌔ポストがあったようです。
偶数㌔ごとのたっていたようですが、ここ矢の川峠では峠から熊野側に数百メートル下った山側に一本だけ残っているのが確認できました。


2007_1016_111605AA.jpg



この数字は”18”となっているので、基点の尾鷲駅から18kmの場所なのでしょう、

皆さんもトレッキングやバイク自転車などで峠を越えるときは、こんな遺跡を少しだけ気にしてやってください。
ただしくれぐれも手を触れないようにお願いいたします。
長い年月で塗料も風化して、触っただけでもぽろぽろ剥げ落ちてしまいます。
よろしく願いしますね。


2007_1016_111554AA.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/37-2d179934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。