哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地元新聞にも掲載されましたが、御浜町の中央公民館で2月16日(金)予定で、「矢の川峠」児童劇映画「道」の再上映がおこなわれる予定です。
熊野市民会館で多くの方が感動された、当時の国鉄バス運転手久保芳治さんのパネルトークもおこなわれる予定です。
熊野市民会館でご覧いただけなかった方、ぜひお越し下さい。
詳しい情報がわかり次第、「くまどこ」の新着情報にアップいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/3-96b2c311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。