哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー 皆さんご無沙汰しております。
なんと6月より3ヶ月もサボってしましました。<(_ _)>

最近少し仕事の環境が変わり、それに一番の多忙時期の8月があったので気持ちに余裕がありませんでした。
あっ 問いうまに夏が過ぎ去り、いよいよ矢の川峠散策の絶好季、秋がやってきます。

実は昨年、矢の川峠の映画「道」の上映にかかわるまで、それほど矢の川峠には行く機会がありませんでした。
当然秋の紅葉もはるか下の現国道から眺めるだけ。
今年は紅葉の時期の矢の川峠を写真に収めたいと思っております。

「紅葉橋」の名も出てきますが、昔から紅葉は見事だったのでしょうが、運転手の方は悪路に紅葉など楽しむ暇もなかったのでしょうね。


さて一つお知らせです!

昨年より探索しておりました、明治道と索道の小坪駅跡が発見されました。


【索道駅のプラットホーム跡】
20070904065143.jpg

20070904065108.jpg

【明治道】
20070904065157.jpg



そこでいよいよ、矢の川峠の明治道と索道の駅の遺跡の散策が、12月1日(土曜日)に行われます。
詳細が決まりましたらお知らせいたしますが、定員30名ほどなのですぐに締め切りになると思われます。
12月以降も予定しておりますが、希望の方は早めに私宛メールください。

以上 今日は知らせまで・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久々の更新ですね。
明治道や小坪駅、興味深々です。

>ところでヒストリーチャンネルでご覧になった番組は、いつ頃の放映でなんというタイトルでしたか?
6月の鉄道特集で流れました。朝日ニュース?の『開通・廃線そして駅』 の映像です。
映画『道』にもその映像が使われたかもしれませんが、、、

2007/09/07(金) 23:06:18 | URL | 阿蘭陀灯篭 #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます。
阿蘭陀灯篭さん コメントありがとうございます。
あっ あれですね・・
実はあのDVD 私も持ってます。
熊野の上映会などでは、使用してました。

矢の川峠は意外と映像が少ないのですね・・・・

江戸道の情報なども調べたいのですが誰か知りませんかねぇ~
2007/09/08(土) 05:38:15 | URL | やのこ小僧 #-[ 編集]
修正しようとしたら消してしまいました・・。

12月の散策、仕事なので行けないです(涙)。

この散策は矢ノ川トンネルからの往復なのでしょうか?それとも麓の木工場からのトレッキングなのでしょうか?

ただ、来月か再来月に明治道及び索道駅の探索に行きます(単独行ではなく2人連れで)。4月に行った時に気になっていたものがありました・・・八十谷林道を矢ノ川トンネル出口からちょっと行った所にある広場の端に立木にペットボトルがぶる下がっている所から登山道にしては妙に広い道が麓に向かって通じていました・・・それって「明治道」なのでしょうか?


幼い頃から叔父と奥多摩や八ヶ岳山麓で鉈を片手に藪に突撃をしたりしていました(その経験が福島の万世大路踏破の役に立ちました)。あの山はどんな感じなのでしょうか?
福島・山形県境の栗子山系や大菩薩、奥秩父よりも凄まじいのでしょうか?
2007/09/10(月) 00:54:26 | URL | らん丸 #y3k9o/5U[ 編集]
明治道の件
らん丸さん あなたもツワモノのようですね。
私も10年ほど関東に住んでいて、よく奥多摩や奥秩父の山々を登山したり、バイクで走破したりしていました。
大菩薩には、TLR200で登りました。

12月のトレッキングに参加できないのは残念です。
なんせ関東からですから、来るだけでも一仕事ですものねぇ・・

今度こちらに来るのでしたら、なるべく時期を遅らせたほうがいいと思います。
無駄に藪こぎをするのは時間のロスになりますから。
紅葉が終わるころ、11月後半から12月中旬がいいでしょう。
ルートとしては上から下に下るほうがいいと思います。
下からのルートは最初からはっきりせず、途中でルートミスする可能性が高いです。
その場合最悪帰るルートも見失い、私のように遭難しかける可能性があります。
上からのルートはかなりしっかりしており、仮にルート不明瞭になっても引き返せば安全です。
尾根筋を上がればどこでも道らしきものはあります。
しかし下るのはかなり危険です。
それでも下にはR42が見えていますが・・

明治道の始まりは、小坪のトンネルを出て林道の分岐点から林道に沿って徐々に下に続いてます。
らん丸さんの言っている場所は、私が明治道を探すために最初に降りて行った緩い谷筋だと思います。
明治道のスタートはここから入っていくのが無難です。

こちらに来る際はぜひメールでお知らせ下さい。


2007/09/11(火) 12:49:01 | URL | やのこ小僧 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/28-bb10e2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。