哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年12月より準備していた、尾鷲での「道」の上映が3月16日無事終了いたしました。
熊野の上映実行委員会のご協力と、尾鷲実行委員会のスタッフ、それにいろんな形でかかわっていただいた方々のお陰で、850名もの皆様がご来場くださいました。
小さい上映も含めて、5回目の上映でしたが熊野市、紀北町、遠くは静岡県や奈良県からも多くの方がいらしてくれました。
パネルトークは、元省営バスの運転手久保さんと車掌さんの中森さんの2人で行いました。
構成は大体私がやりましたが、今更ながら87歳の久保さんの記憶の正確さや、アドリブの能力、そしてユーモアにはオドロキです。

s-2007_0316_191030AA.jpg

s-2007_0316_185350AA.jpg



おそらく大きい会場での上映は、これが最後となるでしょう。
これからは、最近オープンした熊野古道センターでのスポット上映や、老人ホームでの上映,学校の講堂へ出張上映など、色々と考えはあります。
またここ数ヶ月で洗い出した資料の整理と編集などいろいろとやらなければいけない事はたくさんあります。

17日、上映の翌日に矢の川峠のトレッキングに参加して来ました。
2日前の雨が、峠付近は雪だったようでところどころ積雪が見られました。
車やバイクで越えた事は幾度となくありましたが、歩いての峠越えは今回が初めてです。
やはり歩いてみると路肩のいろいろな遺跡の発見や、路面の急勾配など車やバイクで走っていたのでは感じ取れないところを多く発見しました。

s-2007_0317_095438AA.jpg

このトンネルをバスやトラックが行き交いました・・

このトレッキングは5月と10月にも予定しております。
詳細が分かりましたらこのブログにて発表しますね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
県内からバイク(ジェベル)で伺った者です。
遅くなりましたが、ありがとうございました。

久保さんはなかなかいい味を出しておられましたね。
会場の雰囲気がすごく和んでいました。
これからも、たくさんの人々に矢の川峠のことを伝えて
いって頂ければと思います。

トレッキングには何とか都合を合わせて、ぜひ参加して
みたいと思います。

今後も宜しくお願いします。
2007/03/20(火) 22:36:34 | URL | TOSHI306 #2skw4cFA[ 編集]
こんばんは、改めて3/16,17日はお世話になりまして、有難うございました。

パネルトーク、最高でしたよ。パネラーのお二方のユーモアあふれる語りや貴重な写真、いつの間にか会場が一体になっての盛り上がり、また味わってみたい経験でした。
映画も期待以上で、また見てみたいですね。

トレッキングも本当に楽しかったです。遠く静岡から駆けつけた甲斐がありました。まあお天気も最高に良かったし。
何だか地元の方々にお世話になりっぱなしの二日間でしたw

一矢ノ川ファンとして、また訪ねたいと思ってます。
これからもよろしくお願い致します。
2007/03/21(水) 21:11:51 | URL | sinar #lB6gVi3.[ 編集]
TOSHI306さん、sinar さん、先日はご来場ありがとうございました。
TOSHI306さんは近いのでまたツーリングでも御一緒しましょう。
sinar さん貴重な資料をありがとうございました。
またいつかお会いする時を楽しみにしております。
2007/03/22(木) 04:34:17 | URL | やのこ小僧 #mo9bU5eg[ 編集]
はじめまして。
へなりさんの所から来ました。
実は矢ノ川峠への遠征(東京西部の在住なので)を考えています。
車(ジムニー)かバイク(オフ車)で行こうかと考えていましたが、古い地図(といっても20年前のですが)を見ていたらトンネルまでの旧旧道(明治時代に開通した方の道)が記載されていたので、非常に気になっているのです(誰もルポしていないので)。
私自身、自宅から1時間ぐらいで奥多摩の山に行ける所に住んでいるがゆえに山にはよく行っています。福島の万世大路も踏破しました。正直、矢ノ川旧旧道は現在どの様な状況でしょうか?今の時期の藪があまり出ていない状況であれば踏破することは可能でしょうか?

朝一の「のぞみ」と「南紀」を乗り継いで尾鷲駅まで行き、そこからタクシーで旧道入り口まで、峠まで歩き、帰りは旧旧道を下るという計画ですが。
2007/04/05(木) 02:14:45 | URL | らん丸 #hAKKe5Z.[ 編集]
らん丸さん コメントありがとうございます。
さて明治道の件ですが、現在確認しているのは現R42から矢の川を渡って小坪のループトンネル付近までの6割~7割ほどが林道として残っているということです。
ただその後の道は未確認です。
私の知り合いが最近小坪付近から道の跡をたどって降下し、昭和11年廃止になった矢の川索道の駅跡を発見しましたが、その先は相当荒れ果てて下の道までは確認できておりません。
地図に載っている水準点付近まで降りたようですが、小坪まで戻るのに1時間以上かかったようです。
今度1日かけて明治道の全容を確認したいと思っておりますが、予定は未定です。
らん丸さん一人でこの道の探索は非常に危険ですので止めたほうがいいと思います。
2人以上でGPS持ってやぶこぎヘッチャラメンバーでしたら大丈夫でしょうが・・

5月のトレッキングの情報をアップしましたが、こちらもまた検討してください。
明治道の新情報ありましたらまたアップします。
2007/04/08(日) 07:11:04 | URL | やのこ小僧 #mo9bU5eg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/22-39e45911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。