哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!!」
    ~日本で初めてのロープーウェイは、三重なんです!~


「矢ノ川安全索道」のロープーウェイ発祥地宣言!! 


5月29日は「矢ノ川安全索道」の開業式典の記念日です。
この日に三重県の御在所岳にある御在所ロープーウェイの山上駅で、「矢ノ川安全索道」が日本で最初の旅客ロープーウェイということを宣言しプレート版をロープーウェイ博物館の展示資料コーナーに設置します。

日時 :   平成25年5月29日(水)      午前11時20分~11時40分

場所 :   御在所岳ロープーウェイ山上駅

内容 :   日本初の旅客ロープーウェイ「矢ノ川安全索道」の当時の貴重な写真をはじめとする資料をロープーウェイ博物館の展示コーナーにて公開。  「日本で初めてのロープーウェイは、三重県なんです!」のプレート版を展示資料コーナーに設置。 宣言及び設置は三重県知事 鈴木英敬様が行う。 

出席 :   尾鷲市より市長岩田昭人様、「矢ノ川安全索道」の建設を手掛けた「安全索道㈱」の取締役社長 増井敬様、菰野町より町長石原正敬様、「御在所岳ロープーウェイ㈱」取締役社長 辻孝巳様、「思い出の矢ノ川峠の会」の私たちも招待されました


多くのメディアも取り上げてくれるので、ますます矢の川峠の知名度が上がっていくことでしょう。
平日とあって来客者は少ないともいますが、興味ある方で都合がつけばぜひ御在所ロープーウェイにお越しください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/203-3bcb1eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。