哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年の9月、峠茶屋の主 故稲田のぶえさんの息子さん丞さんを峠の茶屋跡にお連れしました。
その時にはあまりお話を聞く時間が無くまた次の機会に、ということでお別れしたのですが、なかなか機会が無く、先日やっと連絡をとって名古屋の丞さんの自宅にお邪魔させていただきました。

ご自宅は東山公園の周辺で非常に静かな住宅街にありました。
すぐそばには未舗装の道や森がある大変環境のいい場所です。
現在も現役で建築設計のお仕事をされていて、もうすぐ80歳になろうというのに、ログハウスの事務所兼趣味の為の建家にはパソコンなども置かれている。
趣味は囲碁や尺八。

最初に丞さんの事を少しお聞きした後、お母様ののぶえさんの事、丞さんが中学、高校、大学と茶屋を手伝ったこと、そしてのぶえさんを尾鷲から引き取り名古屋で一緒に過ごしたことなどをうかがいました。
峠にあった沢山の色紙の話しになった時、その色紙が今はどこに行ったか分からない事を息子さんに伝えたところ、なんとそのうちの一枚、文豪 吉川英治が書き残した色紙がここにあると言うではありませんか。
ビックリした私の目の前に、丞さんは金庫から出してきてその色紙を見せてくれました。


汐の坂 156

昭和25年 吉川英治が「新・平家物語」の執筆取材旅行のために尾鷲を訪れた際、矢ノ川峠を越えている。
このときの様子は「新・平家紀行」に詳述されている


それは吉川英治が峠での思い出の句を、後に色紙に書きつづりそれを尾鷲での宿泊地「五丈旅館」に送ってきた二枚のうちの一枚でした。
色紙の内容は当時峠でのぶえさんと一緒に働いていた、長女弘子さんが娘さんをおぶって対応してくれた時のことを句に書いています。
今まで何度かこの色紙のコピーの展示は行いましたが、まさか現物を丞さんが所有しているとは夢にも思いませんでした。
この他にも矢の川峠で倒木を切ってきて作った花台なども見せていただきました。

汐の坂 158
矢の川峠から高峰山へ通じる登山道を入ると多くの倒木があり、一部を切ってきてこのような花台をよく作ったそうです

食事をご馳走になりいろいろとお話をお聞きして帰路につきました。
丞さん、また何時か尾鷲にもゆっくりとくつろぎに来てください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/201-6e17abc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。