哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
省営バス(のちの国鉄バス)は鉄道省に属し、バスといえどもその精神は鉄路と鉄輪にあり。今回はそんな話です

紀南線の事務所は尾鷲と木本にありましたが、それぞれの事務所での朝礼には必ず全員で歌う歌がありました。
それは 「鐵道精神の歌」-轟け鐵輪!!

いかにもっていう題名です。
これは昭和初期に作られた歌のようですが、鉄道省から国鉄に変わっても歌い継がれてきました。
現在民営化した後の状況は分かりませんが、すべての職員は歌詞を覚えて朝礼で歌っていた時代があったようです。(昭和60年代は歌っていたと聞きました)

この歌の作者は、作詞・北原白秋、作曲・山田耕筰のこの時代の黄金コンビです。
この二人の作品は様々なジャンルに及び現在も多く歌い継がれています。
かきに歌詞とYoucTubeの動画を上げておきます。
動画は歌だけしか入っておりいません。
がかなり古いもののようで音声はあまり鮮明ではありませんがその分雰囲気あります。

歌詞の中に「国鉄」が連呼されているのが笑えますが、鉄道省の頃から「国鉄」と言われていたのですね。
他に「大家族二十万人」という連帯感を表すものなどあって歌詞を見ていると面白いです。



「鐵道精神の歌」-轟け鐵輪

    北原白秋作詞
    山田耕筰作曲

一、轟け鐵輪 我が此の精神
 輝く使命は儼(げん)たり響けり
 栄えある交通 思へよ國運
 奉公ひとへに 身をもて献げむ
 國鐵 國鐵 國鐵 國鐵
 いざ奮へ我等 我等ぞ
 大家族二十萬人 奮へ我等

二、轟け鐵輪 我が此の團結
 輝く誠は恥(こう)たりとほれり
 栄えあれ勤労 誓へよ協力
 敬愛あらたに 和しつつ進まん
 國鐵 國鐵 國鐵 國鐵
 いざ奮へ我等 我等ぞ
 大家族二十萬人 奮へ我等

三、轟け鐵輪 我が此の傅統
 輝く魂(たまし)は 凛(りん)たり匂へり
 栄えあれ公正 鍛へよ質實
 修養朝夜(ちょうや)に 知能を磨かむ
 國鐵 國鐵 國鐵 國鐵
 いざ奮へ我等 我等ぞ
 大家族二十萬人 奮へ我等


http://www.youtube.com/watch?v=zDHBxQM_1sE
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/196-d5027faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。