哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日矢の川峠明治道を自転車で完全走破した方(Oさん)がお店にやってきました

2010年にも一度挑戦したのですが、明治道部分で時間を取られ矢の川峠より熊野側はあきらめて帰られました。
今回は状況も分かったので早朝からトライして、明治道の大橋ー小坪間から昭和道と明治道との共用部分のループトンネル、峠を経て大又までを完全走破したようです。

meiji01.jpg

meiji02.jpg

藪を越え、鹿よけのフェンスを越え、崩落跡をへつり・・・

meiji03.jpg

meiji04.jpg

所々に矢ノ川索道の電線を支えていたと思われるガイシが落ちている

OさんのHPにアップされていますのでご覧ください。

前半レポート  
後半レポート  

これは世界初の矢の川峠明治道の自転車での完走者だと思います。
このブログで初完走者の認定をいたします。
おめでとうございます! 

次はバイクですかね?  って うそうそ それはやめて下さい。
遭難したら私が責任取らされます。 (笑)

※ 使用した写真はOさんから許可を頂きHPよりコピーさせていただきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/188-f510af82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。