哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の奥山行きは、天候がいまいちで登り始めの土井竹林から雨がぱらついてきました。
今回はスーパー健脚「ウエノッティー」が、なんと雨具を持参していないとのこと。
急きょコンビニで安ガッパ購入で、まー少しの雨だったら行けるでしょう・・ということで出発。

最初は少し藪や歩きにくいところがあるけど、途中からは快適な尾根歩き。
1時間半ほどで400mピーク(知らん間に過ぎていた)を越え、主稜線を西寄りに進む。
汐ノ坂 008
400mピークを過ぎて尾鷲の町が・・

下に小原野が見え始めて下りに入ると猛烈ななシダの藪に入る。
稜線を少し右にそれるとしっかりした踏み跡があり辿ると鞍部にでる。
ここでまた雨がぱらつき始め、何時も元気なウエノッティが乗り気でない。
汐ノ坂 011
下山途中、本当だったら今日登るはずの汐ノ坂山が一番奥に見える。

ということでこの先の鉄塔から巡視路を下山することに決定!
小原野へ下山して、先にデポしていた車を取りに行き早々とマックに食事に行く。
だべっていたら、いつの間にか「尾鷲奥山トレイル第二弾」の話が出てあれよあれよという間に決定。
今度は汐ノ坂から登り主稜線を高峰山、矢の川峠まで辿り、昭和道で下山。
なんと20km越え、距離は20kmほどのロングトレイルです。
最高標高1044mで予想時間8時間。
しんどそう・・・
また報告します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/175-e7e2d3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。