哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年11月に熊野古道伊勢路の一部を使って行われた、ノースフェイス、トレランアカデミーが今年も11月に行われる予定でしたが、メーカーの都合で急きょ中止となってしまいました。

先日からコース設定や下見を始めてやる気満々だったのにホント残念です。
今年は震災や自然災害が重なり、メーカーにも人的、金銭的にも相当な負荷がかかり、今回は開催が難しいと伝えてきました。
残念ですがいたしかたありません。

しかしながらトレランのコース作りをあーだこーだやったお陰で、古道以外にもトレランや、ロングトレイルのコースのバリエーションが少し増えました。
今のところ尾鷲周辺のみですが少しづつ紀北町や熊野も含めたコース作りを行っていき、将来何らかのイベントができればと思っております。
また個人的に歩いてみたい、走ってみたいという方、連絡いただければルートなど情報お伝えします。
もちろん矢の川峠をガッツリ使ってみるの見もいいですね。
これから紅葉シーズン、20km~30km走ってみませんか?

私は無理です・・・・

n2n2nori-207561.jpg
熊野古道曽根太郎坂次郎坂 左がが世界のトップランナー鏑木さん
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その販売の範囲はハイキングシューズ、ジャケット、スキースーツ、バックパック、テントなどです。90年代はthe north faceの繁栄時期です。1996年、Tekwareシリーズはアウトドアウェアの革新時期を迎えて、その革新的な素材とデザインはノースフェイスがアメリカの5Aクラスのレベルのアウトドア•アドベンチャーの会社にさせます。
2012/04/06(金) 14:24:24 | URL | ノースフェイス #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/164-b0f5517f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。