哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
久々に明治道に突撃です!

そろそろ明治道も人が歩ける道になってきたかなぁ~
と思いきや、やはり今だ途中の薮は人を容易には通してくれません。

今回は12月(師走)ということで、当初参加する予定のメンバーがずいぶん減ってしまい、
結局名古屋から参加のHさん、津から参加のYさん、そしていつものウエノッティさんと私の4人。
こじんまりといい感じで昭和道入口に車をデポして、明治道入口に私の車を駐車。
明治道スタートの部分は随分トンネルの土捨て場になって埋まってしまったため、林道をしばらく上がったところから取りつく。

少し行くとイバラも絡んだ羊歯の薮が所々現れる。
さらに沢の手前が一番ひどく、全行程の3分の1ほどの沢の奥までが難所。
IMG_0006.jpg
薮をかき分け進む私の後姿
ここを過ぎると比較的歩きやすくなり、次第にシカよけネットもなくなり快適な古道歩きになる。
IMG_0004.jpg
道の上に次々と現れる苔むした巨石

IMG_0002.jpg
欠落した道に張り出した木の根がルートを作る

道の真ん中に巨石が横たわっていたり、欠落した道の木の根を伝って歩いたり、古い炭焼き釜があったりと楽しみながら歩いていると、いつの間に安全索道駅跡に到着。
間伐のために索道駅跡は間伐材か放置され悲惨な状態。
間伐材もちゃんと処理してほしいもんです。

ここから林道に上がり、小坪より昭和道を下りてきました。
IMG_0005.jpg
いつもの素掘りのトンネル

途中ゆっくり写真など撮りながら来たので予定を大幅にオーバーして全行程時間は5時間ほどでした。

あ~ 楽しかった~

今年も初日は矢の川峠で・・
まーるく見える水平線から上がる初日の出を見たい方、あったかいコーヒーぐらいは用意してますよ。
少し道が荒れてますから気おつけて来て下さいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨年の11月に御一緒させていただいた時に持参のワイヤーカッターで古い鹿よけネット〈針金で出来たもの)を破壊しながら歩いたので多少はマシになってるかな?と思いきやこれですか・・・今度は携帯式のエンジン式草刈機でも持ち込みますか?
2010/12/24(金) 10:40:40 | URL | らん丸 #y3k9o/5U[ 編集]
コメントありがとうございます!
らん丸さん こんにちは!

申し訳ありません! コメントもらったの気がつきませんでした。
明治道、それでも随分楽に行けるようになってますよ。
金網をカットした跡は楽に通れるのですが、ウェアーをひっかけそうで怖かったです。
今回はずいぶん明治道を楽しめました。

藪はそのうちきれいにカットしようと思っています。

でもそうなったら苦労して走破する楽しみが減ってしまいますね。

2011/01/03(月) 22:24:33 | URL | やのこ小僧 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/150-7e49da76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック