哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から探索していた紀北町の船津鉱山がやっと見つかりました

ある方のお話から地図で予測して現地へ。
この沢だろうと入っていくと、意外にあっさりと坑道発見。

DSCN0859.jpg
中に入ると意外と広くて170cmの、私が頭を少し下げる程度で歩ける

奥行きは10mほどで少し見後に曲がって、さらに10m以上状続くが、奥に行くにしたがって何故か埋まってしまって天井は低くなるばかり。

DSCN0870.jpg
いったいどのくらいの奥行きがあるのか・・

天井にライトを向けると、ゲジゲジとコウモリでいっぱい!
頭の上に降ってきそう・・
DSCN0874.jpg

寝込みを襲われてギャーギャー鳴いているコウモリ君

周囲を探索すると試掘跡らしきものが二箇所、なぞの石垣や、
道路から坑道までの石垣を積んだ道も確認できます。
DSCN0857.jpg

試掘あとには石英脈が走っており、おそらくそこで鉱石が確認できたので、
少し下から本坑道を脈に向かって掘り進んだのでしょう。

DSCN0856.jpg
殆ど埋まってしまっている試掘跡

DSCN0880.jpg
沢の流れの中で輝安鉱発見!

DSCN0927.jpg

大きいものは25cmほどあり、石英の中に塊状に相当な割合で輝安鉱が結晶している

残念ながらこの鉱山の歴史が分からないので、いつ頃からどれくらいの規模でどこが営業していたのか分かりません。
この鉱山は知る人ぞ知る、この地域では珍しい輝安鉱の鉱山でした。
今回ここが船津鉱山跡だと確信できたのは、坑道の中や試掘跡周辺で確認できなかった輝安鉱が、
沢の中でいくつか採取できたからでした。
4年前から探していた船津鉱山と輝安鉱の発見に感激です!

この沢に続く林道には、トロッコ道の跡が随所に確認でき、少し上流の大きな沢には、木材の集積場跡らしきものも確認できます。
この鉱山の鉱石もトロッコを利用して搬出していたのかもしれません。

この周辺には石英だけを採掘していた鉱山も何箇所か確認できます。
その中でも一番大きな石英脈が走っている坑道では、最大10cmほどの結晶が群晶した水晶クラスターが採れたようです。
この水晶の特徴としては、結晶の間に稀に黄鉄鉱が酸化した、武石というサイコロ状の鉱物が付いていることです。

今回の船津鉱山の坑道跡以外にも、あと2箇所坑道跡が分かりました。
ちかじか確認に行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/25(水) 23:24:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/124-e8053fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。