哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
省営バス紀南線尾鷲営業所では、団体向けに車掌がガイドをする為の沿線案内のガイドブックを作成しておりました。
車掌はこの内容を暗記するよう指導されていたようです。


通常は尾鷲から熊野までの営業でしたが、団体の希望により直接紀伊勝浦の温泉旅館まで運行したようです。
沿線案内には熊野から紀伊勝浦までの見所も掲載されております。

以下にそのガイドブックを表示します。(尾鷲ー熊野間の途中まで)

20070112045133.jpg

20070112045151.jpg

20070112045205.jpg

20070112045215.jpg

20070112045231.jpg

20070112045241.jpg

20070112045250.jpg

20070112045301.jpg

20070112045310.jpg

20070112045321.jpg

20070112045330.jpg

20070112045342.jpg

20070112045351.jpg

20070112045403.jpg

20070112045412.jpg

20070112045420.jpg

20070112045429.jpg

20070112045429.jpg

20070112045438.jpg

20070112045447.jpg

20070112045455.jpg

20070112045504.jpg

20070112045504.jpg

20070112045512.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/10-188f3d75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。