哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始めまして! このブログ管理してるやのこ小僧と申します。
先日熊野市で矢ノ川峠を題材にした「道」という映画を上映しました。
熊野市民会館は定員820人なんですが、なんと立ち見や通路に座る方まで・・
結局入れなくて帰っていただいた人も数十人。
約1,000人の方が来場してくれて、大成功でした。
上映実行委員会の方、資料収集に協力してくれたみなさまご苦労様。
入れなくて帰られた方誠に申し訳ありませんでした!

これほど矢の川峠に沢山の方が思いを寄せられているのかと、改めてビックリ!(@_@;)
このブログを利用して「新たな矢の川峠伝説を作りたい!」っと思ったやのこ小僧なのです。

「矢の川峠」と書いて「やのことうげ」と読む。「矢ノ川峠」とも書きますが、このブログでは「矢の川峠」で統一します。

東紀州尾鷲の矢の川の最上流部の位置し、古く江戸時代から本宮に向かう熊野古道としても使われていました。
明治に入ってからは尾鷲熊野を結ぶ重要な県道として、その後国道となり近代の経済発展に貢献してきました。
そんな矢の川峠がたくさんの人たちの心に、さまざまな思い出を残し、今ひっそりとその余生を送っております。
現在では全国から酷道マニアや、峠を走るライダーたちに注目されて訪れる方は絶えません。
私やのこ小僧はそんな矢の川峠にたくさん哀愁を感じるわけなのです。
昔の人もちょっと昔の人も、そして最近の人も、矢の川峠に何か思いのある人のためにこのブログを立ち上げます。
皆さんどんどん情報を寄せてくださいな。
s-2006_1206_203122AA.jpg

s-2006_1206_201639AA.jpg

上から峠茶屋の稲田のぶへさん、尾鷲側から省営バスと矢の川峠を望む
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログ立ち上げおめでとうございます。
かるおと申します。

上映会では兵庫から寄せて頂きました。
大盛況の裏側で、
大変なご苦労があったとご推察いたします。
お疲れ様でした。

ブログはまだ年表だけ、とご謙遜されてましたが、
なかなかどうして、ここまで詳しいのは他では見られません。

個人的には、
今後、明治期の車道および索道の痕跡の
調査が進むことを期待しております。

何はともあれ、ブログ立ち上げおめでとうございます。
もし良ければ、拙ブログにもお越し下さい。
2006/12/10(日) 03:29:13 | URL | かるお@兵庫 #-[ 編集]
祝 開設
ブログ開設オメデトウございます! 年表興味深く拝見しました。 映像等資料が随時公開されることを祈りながら、今後のブログの発展祈念致します。
2006/12/10(日) 21:33:44 | URL | 会社員 KOO #-[ 編集]
かるお@兵庫さん、会社員 KOO さん、コメントアリガトです。
岡山からいらしたDT125の方とはお話したのですが、かるお@兵庫さんとは話す事ができなくて残念です。
スクーターで来たようですが車種は何ですか?
夜中の大台越えは地獄の寒さだったでしょう。
明治期の車道は行き止まりまで車で行ったことがあるのですが、その先はまだ未確認です。
索道駅跡のプレカット工場から、上の駅があっただろう尾根筋まで7割ほどのところまで道が残ってます。
今度調査してきますね。
会社員 KOO さん、どんどん貴重な資料を載せていきますのでお楽しみに!
2006/12/14(木) 23:05:44 | URL | やのこ小僧 #mo9bU5eg[ 編集]
こんばんわ。かるおです。
会場でお会いできなかったのが残念です。
私のスクータは、
カワサキイプシロン(=スカイウェイブ250)です。
商店街側の入り口付近にオレンジ色のスクータを
見かけていたならば、それ私のです。
帰りは凍結が心配だったので、伊勢道~名阪国道のルートにしましたが、それでも、気温表示は-1℃。
距離も、行きは大台経由で160kmで楽勝だったのが、
帰りは290kmあってヘトヘトでした。
でも岡山の方はDT125ですか。やりますなぁ。

ところで、
大橋のたもとから、直角に右に曲がって
現道よりも低い所を通ってプレカット工場方面を目指す
道らしき痕跡がありましたが、
明治期の道でしょうか?
勢いづいて、上映会の前に少し探索してました。

今後の調査進展に期待しております。
くれぐれも御身大事で。
2006/12/16(土) 01:21:47 | URL | かるお@兵庫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yanoko.blog85.fc2.com/tb.php/1-65ac3a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。