哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2011/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の奥山行きの途中下山リポートに続き、今回は核心のロングトレイルのリポートです
尾鷲の西に南北にそびえる稜線は、地元尾鷲の人々も登らない近くて知られざる山域です。
この一番北側には14世紀ごろから奈良北山郷と尾鷲を結ぶ古道「汐ノ坂」があります。
汐ノ坂に関してはまたの機会を作ってお話しすることとして、今回はこの尾鷲の西に連なる私も未踏破の稜線を山仲間4人と歩いたリポートをします。

朝6時半に矢の川峠昭和道の入り口、駐車帯にて集合。
今回の山行き参加者は、熊野のKさん、尾鷲から私と、Uさん、Sさん、Hさん。
2台の車を残し私のハイエースに全員乗換汐ノ坂の取り付きまで林道を走る。
7時日の出とともに登り始める。
尾鷲奥山 047
大きな沢のガレの左側を登る
尾鷲奥山 051
大きな堰堤を越えて振り返ると尾鷲の町並みが良く見える

大きな沢の左側を大きな堰堤まで行き、左側から堰堤を越えて今度は右側斜面に取りつく。
炭焼き跡がありここから古い道を辿るが、所々不明瞭なところがある。
少し沢と並行して歩いた後小さな沢にそって急登し始める。
しばらく登るとまた炭焼き跡がある。
尾鷲奥山 055
炭焼跡のツタはハート形

ここを越えてすぐに比較的大きい錆びた古い滑車が転がっていた。
尾鷲奥山 058
大発見?? 内山鉄之助索道のもの??

中心にはベアリングが入っていて比較的大きい荷重のかかる設備に使われていたようだ。
この滑車は小原野から東ノ川奥地に繋がっていた「内山鉄之助の索道」のものではないかと思うが、
もしそうであれば近くに他の遺構ああるかもしれない。
また機会があれば調べてみたい。

さてこの後小さな尾根を廻りこみまた戻ったりしながら急登は続く。
尾鷲奥山 061
ひたすら登り、登り・・

途中古い石段が出てくるが汐ノ坂の遺構でしょうか。
をおdぺck 018
所々に石組みが・・

いきなりシキミの林になり明るく開けると尾鷲の町並みが望める。
をおdぺck 016
シキミのトンネル
をおdぺck 015
尾鷲は遥か下に・・

随分と高度を稼いだようだ。頭上には送電線が見え間もなく400mPから来る稜線に出る。
ここには火力から続く送電線の鉄塔がある。
ここは広くなっているので小休止する。
ここからは左に尾根を辿る。一時間ほどで傾斜が緩やかになりやがて汐ノ坂山に着く。
尾鷲奥山 075
この山は国土地理院には明記が無い、「汐ノ坂山」はおそらく通称名だろう

少し戻ったところから方向を南にとり主稜線を南下する。
ここからは私も未踏破の区間で、今回のメインイベントだ。
稜線上は想像していたより広く緩やかで、明るく歩きやすい自然林だ。
しばらくするとす比較的広い広場に出るが、驚くことにここにはヒメシャラしか生えていない。
尾鷲奥山 084
美しい!!

尾鷲奥山 085
空とヒメシャラの枝のコントラストが美しい
尾鷲奥山 082
テント場に最適なヒメシャラ平

なんと明るく開放的な林なんだろう。
ここをヒメシャラ平と命名。
何時かテントを持ってきてここで野営したいものだ。

ここからも気持ち良い稜線歩きが続く。
所々に単独で杉の老木が見られる。
をおdぺck 007
杉四郎? 杉五郎?

「これは大きい!杉太郎だぁ~」と言っているとその先にはまた大きい老木があるので「これが杉太郎昇格!」
といった具合でどんどん大木が現れる。
をおdぺck 008


少し小さなキレットに赤い立派なプレートが木に貼り付けている。
尾鷲奥山 107
私のまだ小さい頃、ここを歩いた人がいたんだぁ~

年号を見るとなんと1967年、44年前のもの。
「創立20周年記念 県境主脈踏破 鈴鹿アルパインクラブ」とある。
その昔三重の県境の北の端から南の端までたどった人々がいて、この稜線に足跡を残していったんですね。
その後も胎内潜りあり、鉄棒のような木棒あり全く楽しい稜線歩きです。
尾鷲奥山 102
胎内くぐりや~

尾鷲の風景も少し南寄りから見る風景にかわり、桂山の上に火力の煙突の半分だけが見える。
尾鷲奥山 113
このアングルから見る尾鷲はもちろん初めて
ここで今回の最大の杉の大木が現れる。
をおdぺck 005
まさしく杉太郎! ん? 杉一郎?
勝手に推定して800年以上と決めつけたが、次回根元のサイズを測って専門家に聞いてみようと思う。
とにかく大きくまた力強く、まだまだ元気な大木です。

さてこの稜線もいよいよ終盤に差し掛かり右から緩やかな沢が詰めてくると、左に桂山からの稜線が近づき合流、ここで少し右にルートをとって最後の上りを駆け上がると花崗岩が露出する高峰山頂上。
尾鷲奥山 114
銚子川の源流、ここもいい感じでテントを張りたい

北は台高山脈から大台が原、そして西方を望むと大峰の山々が連なる。
もちろん眼下には尾鷲の街や天狗倉山、遠く志摩半島の先まで見渡せる。
これぞ絶景なり!

さてさて時間が大幅に遅れているので高峰山を後に先を急ぐ。
尾鷲奥山 122
高峰山の名物、こぶこぶの木

鞍部に下ってまた急登し古川山、そこから東にルートを取り矢の川峠。
すでに午後4時を回っている。昭和道を下り始めてすぐに暗くなる。
ライトを頼りに歩くが道が荒れているので思ったより歩きにくい。
昭和道の入り口の車をデポした駐車帯まで下りてきたのは午後7時を少し回った頃でした。
さてこれから小原の間で私の車を取りに行かねば・・ ということで参加した皆さんお疲れさんでした。
今回の全行程20km越え、所要時間12時間、登山開始標高150m、最高標高1044m
なかなかの極上ロングトレイルでした。

今後このロングトレイルルートをもっとアクセスしやすくすべく、途中からの登山ルート(エスケイプルート)を
開拓していきたいと思います。






スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

先日の奥山行きは、天候がいまいちで登り始めの土井竹林から雨がぱらついてきました。
今回はスーパー健脚「ウエノッティー」が、なんと雨具を持参していないとのこと。
急きょコンビニで安ガッパ購入で、まー少しの雨だったら行けるでしょう・・ということで出発。

最初は少し藪や歩きにくいところがあるけど、途中からは快適な尾根歩き。
1時間半ほどで400mピーク(知らん間に過ぎていた)を越え、主稜線を西寄りに進む。
汐ノ坂 008
400mピークを過ぎて尾鷲の町が・・

下に小原野が見え始めて下りに入ると猛烈ななシダの藪に入る。
稜線を少し右にそれるとしっかりした踏み跡があり辿ると鞍部にでる。
ここでまた雨がぱらつき始め、何時も元気なウエノッティが乗り気でない。
汐ノ坂 011
下山途中、本当だったら今日登るはずの汐ノ坂山が一番奥に見える。

ということでこの先の鉄塔から巡視路を下山することに決定!
小原野へ下山して、先にデポしていた車を取りに行き早々とマックに食事に行く。
だべっていたら、いつの間にか「尾鷲奥山トレイル第二弾」の話が出てあれよあれよという間に決定。
今度は汐ノ坂から登り主稜線を高峰山、矢の川峠まで辿り、昭和道で下山。
なんと20km越え、距離は20kmほどのロングトレイルです。
最高標高1044mで予想時間8時間。
しんどそう・・・
また報告します。
いよいよツーデイウォークです。

19日(土曜)は矢の川峠の昭和道のルートがありますが、
今年は残念ながら私は仕事でおもてなしに行けません。
天気もあいにくの雨模様のようですが長丁場のやのこ道ですので、
傘以外の雨具の持参と体が冷えないよう気をつけて下さい。

峠では昨年のように暖かいお茶は出せませんが、峠の資料は役員に預けましたので、昼食事にでもご覧くださいませ。
昨日尾鷲の奥山縦走をしてきたのですが、8時間の予定が12時間もかかってしまい、下山絽のやのこ道は夜間となってしまいました。
下りの時に道を確認してこようと思ったのですが、結局ライト1つで歩いてきたので、「蔭谷一橋」の写真は撮れませんでした。
それでも欄干がすべてもぎ取られた橋は無残な姿で闇の中、ライトに浮かび上がっていました。
不思議と橋の下は土石流の跡もないようでしたが、何故あのように欄干が消失したのでしょうか。
もう一カ所現国道42号線トンネル横の土捨て場付近、すさまじい大きさの土石が積みあがっていました。
ちょうど舗装路のところです。

参加者の皆さん、昨年は事故がありました。
くれぐれも怪我の無いよう、最後まで注意して歩いて下さい。
路肩よりはなるべく通らないようにして、特に車などが通る時は山側へ避けるようお願いしますね。
http://www.youtube.com/watch?v=-ifQwVwUPiU
夜の尾鷲駅にて
パンタグラフは外されていませんでしたね。
15分ほど停車して静かに発車して行きました。
ホント静かな尾鷲駅でした。
昨日11月10日より、JRでは新宮駅に閉じ込められている381系2連と283系を救出するために前代未聞の作戦が展開されています。

先日の台風12号豪雨のため新宮、勝浦間が未開通となっています。
新宮駅には「オーシャンアロー」ほか特急車両が3本(381系2連と283系)が取り残されている状態が続いております。
その為にディーゼル機関車にてけん引きし、電化区域まで行って電気機動車にてけん引きされ名古屋経由で運ばれる予定です。
... 凸型のディーゼルに引っ張られるライトブルーのオーシャンアロー、見てみたいですね。

一昨日は特急車両を迎えに行く為の3つの機動車が、DD51(ディーゼル機関車)にけん引きされ新宮へ走りました。
安全面からでしょうか? パンタグラフは取っ払ってるみたいですね

動画  --> http://www.youtube.com/watch?v=N5haVy-B2r0&feature=player_embedded
矢の川峠昭和道の情報です

今だ現地に入っておりませんが、市職員の方や知り合いからの情報によりますと、現在R42からの入り口で一般車両通行止めとなっております。
ただ、道路の普及はほぼ終わっており車での峠までの通行はできる状態になっております。
現在も工事車両が時折入るため通行止めとしているようですが、市の建設課に許可を萌ば通行可能とのことです。
今月行われる「おわせ海山ツーデイウォーク」も予定通り開催されます。

一つ残念なことがあるのですが、矢の川峠までの5つの橋梁の内一番上の「蔭谷一矯」の欄干が土石流で流されたようです。
橋自体は無事ですが、南谷大橋に次いで立派な欄干と親柱が流失したことは誠に残念です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。