哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2011/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は南国尾鷲でも一日中雪が舞っていました。
寒い時は山を歩け! ということで・・・・
 

昼前から庁舎の尾根より取りついて、便石山稜線まで登りそこから南下して尾鷲の西側の400mピークまで縦走してコメリの駐車場に2時半に下山してきました。
稜線は雪が1cm~2cm積もってました。
尾鷲は終日雪が降ったりやんだり。
ネットで調べてみたら最高気温1時で2.6度、津は3時で3.7度。
津より寒かったんですね。
11時に2度まで上がった気温が12時には0.7度まで下がってる。
ちょうど12時ごろ雪が降りしきってたからね。
稜線手前からの尾鷲
稜線手前の尾根から尾鷲の街並み

天狗倉山1
>ここから眺める天狗倉山は端正な単独峰でカッコいい

便石からの縦走路
今回歩いた便石からの縦走路


19日の南谷からの高峰山が心配です。
普通の装備でだいしょうぶだろうか?
南谷は水が少ないとは思うのですが、凍ってるところが無いか心配。
おそらく高峰から汐ノ坂縦走は、1000m~800mなので、月曜から晴れれば雪は解けると思うのですが、北斜面など雪が付いていたら凍るでしょうか。
軽アイゼン誰も持ってないからなぁ~


スポンサーサイト
明けましておめでとうございます。

遅くなってしまいました。
忙しくお正月を過ごし、忙しくお正月明けを過ごしておりました。
恒例の大みそかから元旦にかけての矢の川峠初日見には行けませんでした。
もしかして来てくれた人いたら、本当に申し訳ありませんでした!
夜の仕事が忙しくて終わったのが午前1時半、宿のお客様のチェックアウトが7時半ということで、朝一から仕事だったので矢の川峠には行けませんでした。

今晩から明日、明後日にかけて今季一番の寒気がやってきます。
久しぶりに山の雪景色が見えるかと少し期待しています。
水曜日の19日には、昨年一度断念した矢の川南谷を遡って高峰山へ登る登山をしてきます。
高峰からは尾鷲西方の稜線を北上して、古道汐の坂を下って尾鷲の小原野へ下山します。
全行程で5時間半ってとこですかね。

また写真などアップしますね。

今年もよろしくお願いします!!

VTS00165282.jpg
映画「道」の冒頭のバスが峠に到着する場面、車内からの茶屋の風景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。