哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2010/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この資料は、私が行なっている矢の川峠のツアー『哀愁の矢の川峠」で配布したものです。

まだ「やのこ」に小道しかなかった時代、家族をバラバラにされて死を覚悟した隠れキリシタンの信者たちが、雪残る峠を越えて尾鷲、相賀、紀伊長島に流されてきました。
この資料は矢の川峠のツアーイベント「哀愁の矢の川峠」で配布したものです。

浦上四番崩れの件

江戸時代末期 今だキリシタン禁止令が続く中、「浦上四番崩れ」と呼ばれるキリスト教徒に対する大規模な迫害が起こります。これを引き継いだ明治新政府は、信徒を西国各地に流罪しました。
この地方にも明治3年1月、熊野に32名の流刑者が送られて来ました。明治3年3月17日、何名かは奥熊野と尾鷲、紀北地方に振り分けられました。そのうち尾鷲組、相賀組、長島組にそれぞれ6名づつ預けられ、労働と改宗を強制されました。一行はこの時まだ道なき道、「やのこ」を越えて尾鷲に入りました。地元の人々は最初は警戒しましたが、政府の思惑とは違ってやがて親切に接しるようになり、改宗するものは誰一人出ませんでした。尾鷲中井浦の庄屋「宮井芳兵衛」(現ミヤイ)には一人預けられたと記録があります。奥熊野に流されたものに、キクという17歳の少女がいました。キクは流れ谷の和田村(現在の熊野市五郷町和田)の柚木佐右衛門庄屋の家に預けられました。その後、流れ谷旦那衆の間を点々とし、佐渡村の糸川善八庄屋を最後に新鹿の浜から和歌山に送られました。キクの手記には次のようの書かれている部分があります。「3月17日はわが主の御復活祭荷あたり「今日はバスカの大祝日よ」と思っていると突然再び分散の命が下った・・中略・・熊野に切支丹の仲間がいて、親切にしてもらった」非道な迫害を受けながらも信仰を守りぬいた少女たちに対し、奥熊野の人々は迫害を加えることはありませんでした。この地方に隠れキリシタンの形跡はありません。これは17歳の少女の美しき誤解だったのでしょうか。その後32名は再び集められて、新鹿より和歌山へ行き、激しい迫害に会うことになります。
諸外国の激しい非難を受け,明治6年政府が禁止令を解除、流刑人たちは故郷に戻りました。配流された者の数3394名、うち662名が命を落とし、生き残った信徒たちは流罪の苦難を「旅」と呼んで信仰を強くし、1879年(明治12年)、故地浦上に聖堂(浦上天主堂)を建てました。

s-岩永キク写真051

一番右にいるのがキク

※上記の件に関しましては、みえ熊野の歴史と文化シリーズ4、みえ熊野学研究会編『熊野参詣道 伊勢路を行く』の中の「浦上四番崩れと奥熊野の隠れ切支丹」に詳しく述べられております。中田重顕・書

スポンサーサイト
矢の川峠の高さに関しては記述によっていろいろです。

省営バスのガイドでは峠の標高を808mと説明していました。
確かに古い地図などには808mの高さが印刷されています。
ところが最近の地図には807m29とあります。
これは昭和32年に測量された標高です。
しかしながら国土地理院に問い合わせをしてみると、さらに新しく昭和42年に測量が行われ805m50という数値になっているそうです。

峠の標高がほんの数十年で2m以上も変わってしまうとは常識では考えられません。
基準点が道路の拡張などで移動したとしてもせいぜい数十センチ~1mの違いでしょう。
測量の誤差とも考えられますが、ひょっとしたら昭和20年の東南海地震などではこの地域の山などの沈下があったのかもしれませんね。

現在地図からは矢の川峠は消えつつありますが、正確な標高は805m50ということになりますね。

現在、峠の基準点は茶屋跡の東方15mにあるようです。

市央編さん室の資料より・・
トレイルランニング(トレラン)というスポーツを知っていますか?
山や野原など自然のフィールドを使って、走ったり登りなどは少しでも早く登ることを意識して歩く。
競技としても徐々に広まりつつありますが、個人で気軽に楽しめるスポーツだと思います。
このトレランの日本の第一人者の方に今日お会いすることができました。
お名前は「鏑木 毅」さん。
世界有数なレースにて、常に上位に食い込んでくるトップランナーです。
私の知り合いの古道ランナー「ゆうくん」も松坂から駆け付けて、市や県の方も交えていろいろとお話をしました。
P6160023.jpg


まだ詳しいことは言えないのですが、某メーカーの主催で、秋にこの地方でトレランイベントを開催する予定です。
また詳細が決まったらこのブログでも告知したいと思いますが、やのこ小僧も今回の件でトレランにすごく興味を持ってしまいました。
今度矢の川峠もトレランを意識して越えてみようかと思っています。
P6160028.jpg


今回イベントの話をいただいて、今まで山を楽しんできた方々とは違う若い年齢層にこの地域の古道や山を知ってもらえるきっかけになるのではないか・・ ということで、やのこ小僧としても非常に楽しみです。
歴史ある哀愁の矢の川峠などもバイク、自転車やトレッキングの方以外にトレランで越える方もどんどん増えていただきたいと思います。

「悪路や廃道を走るのもまた楽し・・」ですね。

2月に行なった宿泊代金20%割引のキャンペーンを6月末日まで行ないます!!

最近7月、8月の予約は頂くのですが、6月は梅雨のシーズンでもあり、予約が入りません。
いっそのことお手頃価格でたくさん泊まってもらいたい!
と言うことでまたまた20%オフです・・
対象は「家族や仲間たちと貸切プラン」のみとさせて頂きます。


たとえば平日5名様だと、通常20,000円のところ16,000円に・・
週末だと22,000円が17,600円に・・

予約はFAX。メール、もしくは電話でお願いします。
必ず「梅雨こそウッドペックキャンペーン」をお伝えください。

【お問い合わせ、予約は】

電話、FAX 0597-25-2078
携帯     080-3648-5499
メール    yado@woodpeck.jp

古道の宿 コテージ・ウッドペックのホームページ


そろそろ紫陽花も蕾を膨らませてきました。
来週あたり雨が降ればいっきに咲き始めるでしょう。

2008_0619_133010AA.jpg
2008_0619_133038AA.jpg
”稲田のぶへさんの写真”もいよいよ最終回になりました。
これまでに公開したもの以外にもまだまだ写真はあるのですが、特に当時の風俗や稲田さんの人柄などが出ている写真を選んだつもりです。

 4屋根から
見晴台より
看板は尾鷲駅前に今でもある「胡蝶館」のもの。「胡蝶館」は食堂を営んでいましたが、現在はビジネスホテルになっています。
横に「いしや食堂」と書かれてますが、この食堂がどこなのかは分かりません。
この看板の支柱にある小さな看板には、右に「キッコーマンソース」、左に「岡三証券の投資信託」とある。
この峠にこんな大きな企業の看板があると言うことに驚いてしまいます。

ラジオ録音
ラジオの録音風景
稲田さんはラジオやテレビにも出演しています。
この時のラジオ局などは分かりませんが、テレビには昭和51年9月27日にNHK総合で、「三重の百年」「矢ノ川峠特集」と題して尾鷲市史などを手がけた当時尾鷲郷土資料館の館長、伊藤良さんとともに出演しております。


バス見送り1959.7.14

見送り
紀南線最終バスを見送る稲田さん
動画などにも残っている稲田さんが最終バスを見送る場面です。
昭和34年7月14日紀勢線全通の前日、尾鷲行の最終バスを最後に、省営バス(国鉄バス)紀南線の歴史は幕を閉じました。
峠の茶屋も閉店しますが、その後少し改装をして営業を再開します。
壁や屋根は杉の皮葺からトタンになりました。
晩年の稲田さん
改装し茶屋の前で、数少ない稲田さんのカラー写真

しかし稲田さんも高齢になり省営バス廃止に伴いお客さんも減り、間もなく峠茶屋は閉店となります。
その後娘さん夫婦が茶屋を引き継ぎますが、稲田さんは尾鷲市内の中川のそばに「矢の川食堂」を営みます。
矢ノ川食堂で
火力発電所建設に伴い繁盛した「矢の川食堂」

食堂は中電の火力発電所建設が終了するまで繁盛しその後工事終了とともに閉店しました。

以上で稲田さんの写真シリーズはお終いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。