哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2010/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
「哀愁の坂下古トンネル その2」に竣工当時の坂下隧道の写真を追加しました
スポンサーサイト
前回に続いて峠の主、稲田のぶえさんの写真をアップします。

看板林立
峠の看板とバイクの人

広場の山手にはたくさんの看板が乱立していました。
この写真には勝浦の温泉旅館「勝良荘」、尾鷲駅前の「丸福食堂」と「丸平食堂」、「尾鷲ゴム工業」の看板が写っている。
丸福の看板には、おかみさんが考えた「をわし駅より十歩」のコメントが読み取れます。
「をわし駅」と書いていることから、看板の設置時期は尾鷲が市になる前、また駅名が「おわせ」になる前ということで、昭和26年以前と思われます。
左後ろに「尾鷲市」の標識見えます。
バイクはヤマハYD-1、1957年発売、ヤマハ初の2気筒エンジンを搭載した250ccのスポーツバイク。
もう一台の右のバイクはヤマハのYC-1,1956年かな??
この事により、撮影時期は昭和32年頃と思われます。

三銀社長松田 宏子 茂士
第三相互銀行の松田社長、長女宏子さんと

第三相互銀行は当時熊野にほんてんがありました。
現在は第三銀行になり、松阪に本店を移しています。
右がのぶえさん、左が長女宏子さん。
吉川英治の書いた紀行文に出てくる峠の茶屋の女性は宏子さんです。


運転手 倉田さん
国鉄バス職員と・・

茶屋の中でバスの休憩時間に職員と話すのぶえさん。
奥の壁には峠を越えた方々の色紙が見える。
車掌の肩から掛けられているがま口には公金が入っている為、肌身離さず持っていた。
胸には燕マークのワッペンが見える。

電源の人2
電源開発の方々と・・・

写真のコメントに「電源の人」とありますので、おそらく池原ダムなどの工事関係者ではないでしょうか。
皆さんスニーカー、地下足袋、ブーツ、そして作業着やワイシャツにネクタイなど、まったくバラバラのファッションが面白いです。
軍手は皆さんはめてます。
後ろの石垣はしっかりと人の腰下の高さまでありますが、現在は30cmほどしかありません。
右下に「カバヤの菓子」と書いたダンボールが見えます。
やのこ小僧へのお問い合わせ、ご意見などは、下記のアドレスにメールを頂けますでしょうか。

メール ーーー> tud5thma@ztv.ne.jp

2日以内に返信を差し上げます

これから何枚か、のぶえさんの写真を時々アップしていきます

おそらく峠を越える方々のほとんどが、のぶえさんと話をし、
その暖かい親切に触れたことと思います。
やのこの主、この人がいて国鉄バスやトラックやバイクも、
安全に安心して峠を越えることができたのでしょう。
峠茶屋の主の稲田ぶへさんには、国鉄バスの職員やトラックの運ちゃん、その他峠を越えるほとんどの人々が、お世話になりました。
峠で10年余り、おそらく何百万人を出迎え見送ったことでしょう。
今峠にはのぶへさんが分骨され眠っています。


クレハ
クレハ毛糸のトラックと・・・
トラック前で
トラック前で
海運局単車
公用車の海運局単車 ホンダドリーム
告知どおり矢の川峠に初日を見に行ってきました。

仕事が終わり風呂に入ってから出発。
途中尾鷲が望めるところで、火力発電所のライトアップがキレイに見える。
ブレ覚悟でスローシャッターを切る。
DSCN0364.jpg


午前4時半に峠に着き仮眠。
今年はKTM950君は来ていないようです・・
少し寝坊してしまい、6時半過ぎに目が覚める。
予想に反して風が昨年より弱く、意外と寒くありませんでした。
といっても持っていった寒暖計は氷点下5度。
空は明るきなっていき、水平線に近いところは雲があるが少しづつ赤く染まっていく。

7時、そろそろ日の出の時刻って思っていたら、遠くからバイクの排気音が・・・
今年は私だけかと思いきや、物好きなXR250君がやってまいりました。
どこから来たのか聞いてみると尾鷲だと言う。
ビックリ! 尾鷲にこんな根性バイク乗りがいたとは・・
ふっと下の方を見ると、誰かまたバイクで登ってくる。
現れたのは今度は尾鷲の知り合い、DR650君でした。
彼は前日「行くかも・・・」って聞いていたのですが、ホントに来たのでビックリ!
2台もバイクが来ると私も「バイクで来たかったなぁ~」なんて思ってしまいます。
仕事がなくて休みだったらテント持ちで年越すんだけどなぁ・・
2台を手前に初日が上がる。
DSCN0390.jpg


朝から仕事があるので早々に下山することに。
XR君もなんと8時から仕事だという。
間に合うんでしょうかね。
ま~1日ぐらい大目に見てくれるのでしょうか・・
DSCN0406.jpg


それでは皆さん又来年、矢の川峠であいましょう。