哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
以前 「昭和道の開削詳細 その1」で昭和道の開鑿の件をお話しましたが、
今回はその2としまして、開鑿の詳細や当時の竣工式や尾鷲の様子などをお伝えします。

【矢ノ川峠開鑿工事概要】

着工 昭和 9年9月13日      
竣工 昭和11年9月13日
工費 58万円
新開鑿延長 7,766m     
有効幅員 3.5m
橋梁    16ヶ所(91m)  
隧道    5ヶ所(202m)
道路拡張延長 18,828m
新鑿部平均勾配19分の1     
最大勾配15分の1 
カーブ最小半径12m
使用火薬 28,455㌧
工事延べ人数(新鑿部、道路拡張部合計) 283,340人

「昭和11年9月14日 殉難者慰霊、祭山祭に続いて午前11時から竣工式が第一隧道の入口に於いて関係官民列席のもとに荘厳に取り行われた。
式に引き続いて午後1時から、地元協賛会主催の大祝賀会が尾鷲町大鷲館で行われた。
町内は出しものや余興の手踊りで大賑わい。
町民こぞって天嶮の征服と交通文化の進展を祝福した。」

この竣工式には内務大臣と三重県知事の祝辞が読まれたが、この時の三重県官選知事が「富田愛次郎」です。
この「富田愛次郎」は矢ノ川峠隧道のポータルにある銘板に刻まれた文字を書いた方です。


スポンサーサイト
カテゴリ「峠の茶屋」の中の「三代目 峠の茶屋の話 その1,2,3」にのぶえさんのお母さん、南ひさのさんの茶屋の件を追加しました。昭和道開鑿当初の峠茶屋の写真追加しました。
たくさんのお買い上げありがとうございます。
「想い出の矢ノ川峠」は完売となりました。

ただし購入希望の方の受け付けはまだOKです。
まだ確定ではないのですが、増版の可能性が出てきました。
また詳細が決まりましたら連絡いたします。

おかげさまで「書籍「想い出の矢ノ川峠」も残りわずかとなりました。

尾鷲の書店では在庫0、他に少しある在庫をかき集めて、明日熊野である西村京太郎の講演会と映画「道」の上映時に販売します。
まだ買ってない方、これが最終の在庫となる可能性がありますのでお急ぎを!



さて11日の矢ノ川峠シンポジウムと12日の矢ノ川峠ウォーキングは無事終了いたしました。
どちらも遠方の方などの参加もあり、大変盛り上がりました。
私個人だけでなく、想い出の矢ノ川峠の会を代表しましてお礼を申し上げます。
このイベントや書籍「想い出の矢ノ川峠」発刊は、想い出の矢ノ川峠の会代表 福村直昭さんや熊野のメンバーを中心に活動されてきたものです。
特に中心メンバーの方々の探究心と実行力は、目を見張るものがあります。
本に関しては、今まで写真、資料の蓄積があったものの、実質2ヵ月半で聞き取り調査から原稿起し、編集や校正までも行いました。
確かに時間が無かった事などでの、誤字等が少しありますが、その辺は大目に見てくださいませ。

このイベントや本の発刊により、新しい出会いがあり、またたくさんの方からのお声があり、会のメンバーも大変嬉しく思っております。まだまだ本を読んだ方からの感想などをお待ちしておりますのでよろしくお願いいたします。

最近お知らせや、報告ばかりだったので、久しぶりに写真をアップします。

晩秋のある日 矢の川峠の朝
2008_1117_070009AA.jpg
峠から見た輪内方面
2008_1117_070022AA.jpg
峠の朝
2008_1117_070033AA.jpg
峠から見た通称アンテナ山


2009年1月1日です

2009_0101矢の川峠初日0010x
初日の出 海に突き出る山々より水平線がずっと上にあります。峠と海の近さ、それに標高が感じられます。

2009_0101矢の川峠初日0018
峠からの尾鷲湾と、その先ず~と向こうには志摩半島が霞んで続きます




峠が縁で集まる人々

yanoko2009 皆で一枚
初めまして・・  そして記念写真を パチリ!

P5310034.jpg
やっと登ってきた それぞれの思いは様々・・  そしてひとつ
自分で言うのもなんですが、なかなかの出来栄えだと思います。
やはり省営バスのことが主ですが、現在の明治道、デンガラ越えの様子や、矢の川峠安全索道の事、峠茶屋の事など、読みごたえ、見ごたえ十分です!

P6290021.jpg

P6290022.jpg

P6290027.jpg

P6290023.jpg

11日のシンポジウムでは、現在のR42矢の川トンネルの工事記録映画を上映します。