哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2008/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和19年12月頃編成された熊野灘部隊。
尾鷲湾を基地とする海防艦や駆潜艇などで、にわか編成されたいわば寄せ集め部隊だったようです。
昭和20年7月28日午前5時54分 終戦まで残り18日という夏の日の早朝・・・・
アメリカ艦載機グラマンの襲撃は突然始まった。
攻撃は散発的に午後4時ごろまで続きました。
まず旗艦の第45号海防艦駒橋が標的となった。
グラマンから放たれた機銃弾やロケット弾が次々命中。
湾中央での沈没は避けたかったのか、10時半頃最後の機関出力を振り絞って、何とかふるさと海岸に座礁しました。
他の艦船もほとんどが大破か沈没。
この攻撃で戦死者は72名を数え、負傷者は尾鷲国民学校(現尾鷲小学校)に運ばれましたが、治療中に亡くなる方が多く最終的に死者の合計は一四七名にのぼりました。
この艦隊で生き残った方は約二百名。
また亡くなった方一四七名で身元が判明して遺族に分骨されたのは、わずか三十余柱だけということです。
市民はこの終日の攻撃に恐怖し、朝夕に家に帰る以外はしばらくの間、共同の壕か尾鷲トンネルや坂下トンネルなどに避難生活をしたようです。

戦死者の多くが、市内火葬場では対応できず、又火葬の煙が敵機の攻撃目標にもなりかねないと言うことで、数キロはなれた矢所で荼毘に付されたと言うことです。
現在その場所には慰霊碑が作られています。


旗艦の第45号海防艦駒橋
komahasi.jpg



駒橋の歴史

1914年 1月20日 佐世保工廠にて雑役船「駒橋丸」として竣工
       8月16日 二等海防艦に類別。「駒橋」と改名
1920年 4月 1日 水雷母艦に類別
1924年12月 1日 潜水母艦に類別
1932年 機関をディーゼルに換装。測量船として改装
1944年 再度、潜水母艦に類別
1945年 7月28日 三重県尾鷲にて米軍機の空襲を受け大破着底。そのまま終戦を迎える
     11月30日 除籍。1949年浮揚解体処分される

その設計は島式貨物船で、もともとは佐世保と台湾馬公の間の輸送船として建造された。
竣工当時、駒橋丸と称していたが、ただちに潜水艇母艦として使用されることとなり、軍艦に編入され二等海防艦に登録される。潜水艇母艦として使用されるにあたり、船橋楼甲板は延長されて船尾楼甲板と連結され、船橋部から船尾までフラットな甲板が設けられた。その後種別が水雷母艦に、変更されたがその後再び潜水母艦に類別変更された。
 潜水艦が発達により大型化してくると、このような小型の艦では母艦任務をこなせなくなり、、迅鯨級が竣工したのちは潜水母艦に籍を置いたまま測量艦として使用された。後年は、昭和7年4月~11月に機関をディーゼルに換装・測量設備の充実などの改装工事を実施している。南洋から北方まで広く各地の測量任務をこなしていました。昭和18年頃には船団護衛に従事し、昭和19年には尾鷲を母港として第三海上護衛隊配下の熊野灘部隊を編成して、駒橋が旗艦となる。
これは特攻部隊用の母艦としての任務だった。終戦間近に基地としていた三重県尾鷲にて米軍艦載機グラマンの空襲を受け尾鷲古里海岸に大破着底。その後戦後浮揚され巡視船にするため修理しようとの案も出たが老朽化のため実現には至らず、そのまま解体される。

スポンサーサイト
現在の坂下古トンネル探索

3月4日早朝 
急に思い立って、37年ぶりに坂下古トンネルに行ってきました。
朝飯前のひと運動って感じで出かけたのですが、現状がどうなっているか分らないのでとりあえず行ける所まで行ってみることにします。

尾鷲の町を出てR425を登っていくとヘアピンカーブを曲がると短いトンネルがある。
このトンネルの手前を左に入る林道らしき道が、旧道です。
車はトンネルを抜けた右側のスペースに駐車します。

AM7:54 旧道に入る。
道はほとんど荒れておらず今でも車が入れるコンディション。
旧道入口付近

その後少し荒れてくるがしっかりと補修された後があり、現在でも林道機能は足している。
旧道1
旧道2

驚いたことに路肩の補強を石済みではなく木材を使用して行なっている。
わざわざ石積みみをするより周辺で間伐した木材を使用したほうがはるかに効率的かつ経済的なのですね。

AM8:02  車道が終わる
この先道幅は狭くなり、完全に廃道状態
ところどころ小さながけ崩れが見られる。

AM8:10 最初の沢の一番奥鋼鉄製の小さい歩道橋がかけられている。
これを見てもこの道が現役で重要な機能を果たしていることが判る。

AM8:14 もう一つ小さい沢を回りこむ。
今まで歩いてきた反対側の尾根の上に送電用の鉄塔が見える。

AM8:16 大きな尾根を回り込む
この尾根には鉄塔があり、先ほどの鉄塔から送電線が伸びてきている。
「宮の上 矢の浜線」とプレートが書かれている。
これらの鉄塔のメンテナンスのためこの道はしっかりと整備されている模様。
2008_0304_082128AA.jpg

鉄塔より尾鷲の町が望めます。
ここから先、道のコンディションは急に悪くなるが踏み後はしっかりしている。
いくつかがけ崩れ跡もあるが容易に通過できる。
2008_0304_083433AA.jpg


AM8:31 完全欠落箇所に出る
大きく崩落していてわずかに踏み跡だけが残る。
滑落するとしゃれにならないので、慎重にクリアする。
出来ればザイル確保などで安全策をとった方がいいのでは?
この辺がネックになり古トンネルは短命になってしまったのでしょう。

AM8:39 大きな谷をどんどん詰めると、いきなりトンネルは現われた
深いブッシュをかき分けるとトンネルはそこにありました。
トンネルの上部からの崩落は無く、トンネル入り口は非常にクリアな状態。
2008_0304_084441AA.jpg

とんんる上部のプレートには「坂下隧道」の文字が確認できる。
2008_0304_084532AA.jpg

トンネル内部に入ってみる。
少しヒヤッとして反対側からの風は、今まで歩いてきた体には心地よい。
尾鷲側入り口【東側】は非常に明るくいが、反対側【西側】は薄暗い。
路面は土砂の堆積も無く、岩盤がが現われている。
トンネル側面や上部はすべて煉瓦積みで、反対側まで続くその様は今でも美しい。
2008_0304_084603AA.jpg

壁面には左右とも等間隔に照明のランプを取り付けたのではないかと思われる穴が定期的に付けられている。
2008_0304_084715AA.jpg

トンネルをゆっくりと反対側に向かって歩く。
2008_0304_085007AA.jpg

西側入り口も大きな崩落はなく50cmほど高くなっている程度。
トンネルはブッシュに阻まれて外見はよく見えない状態。
2008_0304_085221AA.jpg

こちら側は湿気が多く暗い感じです。
トンネル上部のプレート「
当時の道はトンネルから左側の斜面をゆっくりと下っていく。

AM8:50 トンネルと別れ下り始める
数十メートルで林道に出る。
2008_0304_090302AA.jpg

ここまでは乗用車でも容易に来ることが出来ます。
林道を下り始めるとすぐに一際立派なひのきがある。 樹齢300年はたっているのではないでしょうか。

AM9:05 林道ゲートに到着
この林道名はは祖父小屋林道で管理者は「三重県治山林業協会」尾鷲市長となっている。
2008_0304_090614AA.jpg

林道を出ると小さな産廃施設?がある。
その先の小さい沢のそばに、「海軍海防艦 駒橋戦没者英霊」と刻まれた戦争慰霊碑があります。
この山奥になぜ海防艦の慰霊碑があるのか?
調べてみると意外な事実が判明しました。 
詳しくは「知られざる尾鷲湾の激戦」をご覧下さい。
2008_0304_091346AA.jpg

この戦闘で亡くなった一四七名の多くは、この矢所で荼毘に付されたと言うことです。
まさにこの慰霊碑のある場所がその地だったんですね。
今度行ったときはしっかりしっかりと手を合わせてこないといけませんね。


さてその先には危険物の倉庫があります。
きっとダイナマイトでも入っているのでしょう。
映画に出てくる弾薬庫並みの造りです。

AM9:14 R425に出る

AM9:18 現坂下トンネル入り口
2008_0304_092121AA.jpg
2008_0304_092537AA.jpg

明治44年の竣工 現在も現役でがんばっている長寿トンネルです。
このトンネルは当然歩道が無いので、徒歩で通過するのは本当に怖いです。
今回も大型車が通る合間を縫って、走って通過しましたがまったくもって疲れました。
通過途中で1台ダンプが入ってきましたが、自分が壁になった気分で側面に張り付いていました。

このトンネルは戦争当時には、海軍の爆雷(ドラム缶約350本余り)の保管場所になっていたようです。きっとトンネルは自動車の車幅を残して壁沿いにはずっとドラム缶が並んでいたのでしょう。
2008_0304_092556AA.jpg


AM9:25 出発地点に戻る

御疲れ様~~
約1時間半の行程でした。












坂下古トンネルのおいたち

日清戦争の後、日本経済の急速な発展に伴い、おもに都市部の建築による木材需要が高まりました。ここ尾鷲でも西方奥地の又口川上流、又口を拠点にして木材の集散が盛んに行なわれるようになりました。
又口では、製材作業、牛馬車や軌道車への積み下ろし作業、伐採植林作業などで常時600人もの人々が働いていました。


明治28年、尾鷲町の林業家たちから、木材搬出のため又口道路【北山道路】の計画が持ち上がりました。
又口から尾鷲までの13kmの道路を造る費用として1万5千円が見込まれた。
最大の難所、梅の木谷上の坂下隧道には4千円の経費が充てられた。
この費用の捻出には、地方税補助や町費補助に加えて有志の寄付金をあてましたが、なお不足の5千円は町債を投入しました。

こうして明治33年3月、坂下古隧道は竣工し、毎日のように木材や木炭を積んだ牛馬車、大八車が列をなして通りました。
坂下隧道0001
竣工間もない坂下隧道、又口側の入り口でトンネルの向こう側は尾鷲

トンネルは維持費に年間300円を要した為、通行料を取る有料トンネルだったようです。

大八車2銭
牛馬車5銭

通常トンネル名が刻まれるはずの扁額には「鬼斧神鑿」【きふじんさく】と彫られています。
鬼神たちが斧や鑿【ノミ】で切り開いた,そういう意味合いがあるのかもしれません。
この文字は当時の三重県官選知事、小倉信近が筆をふるったものです。
坂下隧道0001X1
ポータル中央の扁額に「鬼斧神鑿」の文字が読み取れる
トンネル内に二人の歩荷が写っているが、荷物の多さは半端じゃない、おそらく荷は炭ではないかと思われる


人々のそれほどの思い入れとともに竣工したトンネルも、尾鷲側の弱い地盤による度重なる崩落で通行が遮断されることが多かったようです。
いつしか新トンネルの計画が持ち上がり、明治44年、現坂下隧道の開通に伴い、事実上古トンネルは廃道となります。
そして「鬼斧神鑿」の坂下隧道は、わずか11年でその役割を終え、人々の記憶からは徐々に消え去ってゆきました。

引退後現在までに98年もの歳月が流れたわけですが、トンネルの中に足を踏み入れると今も現役で人や馬車が向こうの入り口から入ってくるかのような錯覚に見舞われます。
トンネル内部全域を丁寧に煉瓦積みした様は、「煉瓦積みのトンネル」という名前がピッタシだと思います。

この悲運な坂下古トンネルをぜひもう一度広く人々に知ってもらうために、私やのこ小僧は有形文化財として登録できないか検討してみたいと思います。
坂下トンネル 「サカシタ」ではなく「サカゲ」と読む。

尾鷲の町から梅の木谷の北にある坂下峠は標高240m。
この峠にわずか61.8mのトンネルがある。
東海地方で始めて出来たトンネルなのです。


私が最初にこのトンネルを通ったのは、今から37年前の冬の日の夕暮れ。
当時小学生だった私は、気の合った友達と徒歩で尾鷲を出て古和谷林道を詰めそこからトロッコ道まで行き、ひざまでの雪の中で思う存分雪合戦をしたのを今でも鮮明に覚えている。
朝7時過ぎに出発して片道10kmほどを走破して雪合戦をし、昼飯を無人の小屋で食べて帰途につきました。
行きは現行の坂下トンネルを通ったのですが、帰りは古トンネルから行こうという話しになりました。
当時の5万分の1の地図ではまだ古トンネルが載っていたんです。
そして夕暮れの薄暗い中で立派な古トンネルを始めて通って尾鷲側に抜けました。
すでにあたりは闇が覆い、近道しようと仕事道らしき山道をみんなで慎重に下って無事帰宅しました。
今思うと遭難騒ぎになってもいい状況だったと思うのですが、当時はこんなの当たり前で、親たちも大して心配しなかったようです。

さて話が長くなりましたが、そんな出会いが忘れられず、先日またあのトンネルを見に行って来ました。
37年ぶりのそのトンネルは、まるでタイムスリップしたようなそんな気持ちになりました。
最近になってこのトンネルの歴史や重要性を知り、当時とは違った目で見ることが出来いろんな発見がありました。
しかしトンネルを通る時は、静寂の中37年前と何も変わらない空間がありました。

トンネルが開通したのは、1900年【明治33年】の3月。
現在まで108年もの年月がたっているにもかかわらず、その外観はほとんど損傷も無く、色あせはしても丁寧に詰まれたレンガ組みは、今も当時のままなのです。
この雨の多い地方でトンネルの入り口、そして内部もほとんど損傷が無いことに驚くばかりです。

詳しい歴史やトンネルが出来た背景、そして先日の探索話はは次回お話しすることにしましょう。
ニュースです!

以前から毎月開催されている、体験観光【体験学習?】の「紀伊半島みる見る探検隊」で、
今年度12月に矢の川峠の探訪イベント「哀愁の矢の川峠」が行なわれることになりました。

まだまだ詳細は決まっていませんが、面白いものにしていきたいと思います。
もちろん講師は私「やのこ小僧」が担当します。

これを機会に矢の川峠の歴史や自然に触れてみたい方、遠方からのおこしも大歓迎ですのでふるって参加してくださいね。
よろしければ、お泊りはウッドペックへ・・・・

とりあえずお知らせまで・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。