哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2008/02 | 1234567891011121314151617181920212223242526272829

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い日が続きますが皆さん元気に「やのこ」してますかぁ~

私、やのこ小僧はヤボヨウや季節的な忙しさから、元気なんですがなぜかあまり動けない日々が続いてます・・
そろそろどっか行きたい、なんかしたい!って思っていたら、知り合いからお誘いがきました。
以前からず~っと気にしていた、陸の孤島、元盛松の探索でした。
2月の寒い時期の平日ですが、この頃までに今の仕事を一段落させて参加することにしました。
そこでまだ少し定員に余裕があるようなので、この場をかりて募集します!

以下の文は、募集パンフレットのものをそのまま掲示しました。

*********************************************

第6回 紀伊半島みる見る探検隊

尾鷲市 三木崎の西 ・・・・
隠れるように小さな集落跡があります。
昭和2年から昭和4年にかけて、三木浦湾の奥「コノワ」の地へ全戸移住した『盛松』の集落跡です。
元盛松の人々は、荒磯で船掛が悪いために漁業を営むことが出来ず、限られた土地では農業も専業できず,細々とした山稼ぎや、人力による山越えで運んだ物資に頼り、困難な生活を続けてきました。
なぜ不便な場所に住んだのでしょうか? それは400年前・・・・・・・

廃村後の元盛松は訪れる人や当時の事を知る人が少なくなり、忘れ去られてられてゆく運命にあります。先人の苦労が伝わる元盛松の集落跡をたずねて、海辺に暮らす人々の暮らしを探りませんか?

ルート

熊野古道センター駐車場 ===== 三木崎遊歩道入り口 ・・・・・ 二又 ・・

・・・・ 二又側木戸 ・・・・・・ 運動場跡 ・・・・・・ 海蔵寺跡 ・・・・・・ 庄屋屋敷跡 ・・
・・・・ 頼母側木戸 ・・・・・・ 奥地地区 ・・・・・・ 下地地区 ・・・・・・ 鏡神社跡  ・・
・・・・ ゴロタ浜 ・・・・・・ 海食崖 ・・・・・・ 船着場跡 ・・・・・・ 帰路へ
 

日時   :  平成20年2月21日(木) 雨天延期
        9::路集合、14:00時頃解散
集合場所 : 三重県立熊野古道センター駐車場
案内人   : 奥地 啓吾さん
参加費   : 1,500円 (保険代、資料代含む)
募集人数 : 15名
持ち物   : 弁当、飲み物、雨具、帽子、手袋など

※ 歩きやすい服装でお越し下さい。ダニよけに、肌を露出しない服装、ナイロン生地などの衣服がお勧めです。
三木崎までは各自移動、現地までは徒歩移動です。
詳細はお問い合わせ下さい。
自己責任においての参加となります。事故怪我などは国内旅行保険の範囲内で対処することに同意の上でお申し込み下さい。

お申し込み・お問い合わせ 
くまの体験企画 内山
℡ 090-7865-0771

(主催) くまの体験企画  (後援) 尾鷲観光物産協会

*********************************************

以上

申し込みは私、やのこ小僧宛てでもかまいません。 

やのこ小僧 (福田) 
℡ 0597-25-2078
携帯 080-3648-5499
メール tud5thma@ztv.ne.jp

尚、当日遠方からのお越しで宿泊を希望の方がいらしたら、上記やのこ小僧までお問い合わせ下さい。
当ブログで紹介しました、コテージ・ウッドペックに特別料金、お一人様3,800円でお泊めします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。