FC2ブログ
哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2007/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
明治道の探索を索道の下の駅周辺より行いました。
結果はダメダメ・・
まずR42の矢の川大橋を渡り、索道駅跡のプレカット工場の脇を進む。
この道は地図を見ると明治道とは少し違うルートをとっているように見えるのですが、これは当時の地図の測量が正確でない為だと判断しておりました。
そこで現在の林道終点より山道をたどってみる。
あまり頻繁には踏まれていないようで、ところどころ藪をこがなければいけない。
それにこの山が全て花崗斑岩の山であることが、この道を歩くとよく分かる。
大きい石がごろごろしていて、本当に歩きにくい。
沢の周辺などほとんど土がなく大岩でおおわれています。
s-2007_0417_130134AA.jpg


いばらに引っかかれ、藪を書き分けながら歩く事1時間半。
どうやら上の索道の駅のある尾根の一つ手前の尾根までたどり着く事が出来ました。
しかしそこからの斜面に道がなくかつ険しい!
やはりこの道は明治道とはルートが違う。
どうやら少し高いところを通っているようだ。
ここで引き返すが、一度ルートを間違えて20分ほどロスする。
何とかもとの道に戻り無事バイクのもとに帰る。
林道を下る時見晴らしのいいところで下を見ると、30m~40mほど下に人工的な石垣が見える。
どうやらこれが明治道の跡ではないだろうか。
次回ここからもう一回トライしてみようと思いますs-2007_0417_144411AA.jpg

スポンサーサイト