哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このたび大台尾鷲道100周年を記念して、県立熊野古道センター主催の「新しい古道の歩き方~尾鷲道100周年記念トレッキング」を開催します。
CCI20150827.jpg

一昨年から有志で尾鷲道を探索、そして看板立て等整備をしてまいりました。
まだまだ登山道とまではいきませんが、古道をトレースしながら最近人が歩いていない山域を絶景を眺めながら歩いてみましょう。
11777456_407229396144992_988565090_o.jpg


ただしこのツアーは「上級者向け」となっております。
しっかりい整備された登山道ではないので、細いトレースをトラバースする個所や倒木やガレた場所などもあり、それなりの山の経験がないと危険です。
私もスタッフで参加予定です。
開催日は10月17日(土)
集合は早朝で熊野古道センターに3時30分。
バスにて大台ケ原駐車場まで移動。
6時半より歩きはじめて10時間ほどで尾鷲古和谷林道入り口まで歩きます。。
その後バスで古道センターに戻ります。

このツアーは9月1日から20日までに往復はがきでの申し込みになります。
遠方の方で前日より尾鷲に宿泊を希望の方はご相談ください。
定員は20名で、定員を超えた場合は抽選になります。。

詳しくは熊野古道センターまで。

熊野古道センター 0597-25-2666
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。