哀愁の矢の川峠
「矢の川峠(矢ノ川峠)」と書いて「やのことうげ」と読む。私やのこ小僧も地元尾鷲からいろいろと情報発信しまっせ!  【 このページの文章、写真は無断で転用しないでください。もしご利用される場合ははやのこ小僧までご一報を!】

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度のことですが、忙しさにかまけてブログをアップ出来なかったことをお詫びいたします。

さて久しく矢の川峠に関係する動画をチェックしていなかったのですが、覗いてみるとけっこう増えているではありませんか。
昨今のカメラの小型化や低価格化で動画をアップする人が増えています。
今回はその中でこの廃道、難路、悪路を、バイクで走破している方の動画をリンクさせていただきます。
私も何回か峠をバイクで踏破しましたがその時と比べようのないほど荒れています。
今は私でも一人ではいこうとは思いません。
この動画を見て我もと思う方いるかもしれませんが、とりあえずはやめておきなさい!と申しておきます。
しかしながら日本には人に迷惑をかけなければ言論の自由と無謀な行動の自由が許されております。
もし峠をバイクで踏破しようと思う方は2台以上で、ザイルや非常用の食料、救急用品は携帯しましょう。
特に熊野側は携帯が繋がりませんので、何かあった場合は峠までくれば携帯が繋がりますのでJAF等に連絡すれば救助に来てくれます。


実は私の親戚が尾鷲でロードサービスをやっているのですが、一度バイクを滑落させた方から救助の依頼があり、手動のウインチを持って行って引っ張り上げたらしいです。
私はこの峠をバイクで越えることはお勧めしません。
何か事故があっても自己責任で処理してください。

それでは始まり始まり・・・・

廃道・矢ノ川峠、完全走破 ① 2011-10-29

廃道・矢ノ川峠、完全走破 ② 2011-10-29

①で熊野大又側から廃道を峠に向かって走っている様子ですが、②ではまたその道を引っ返してるようにも見えます。
峠の映像もありませんし、その手前の橋の欠落箇所も映っていません。
「完全走破」となっていますがその辺が疑問です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。